ハリセンボン春菜“木下優樹菜”を庇って批判続出「身内に甘いな」

近藤春菜 

(C)まいじつ 

芸能活動再開からわずか5日で引退を表明した木下優樹菜に対し、『スッキリ』(日本テレビ系)MCの『ハリセンボン』近藤春菜が自身の思いを述べた。しかしネット上では、その物言いに対して「甘い」「木下をかばっているようだ」などと、厳しい声が噴出している。

〝事務所総出〟で一般人に危害を加えようとする反社会的勢力顔負けの言動が引き金となり、昨年秋から芸能活動を休止していた木下。7月1日には事務所公式サイトとインスタグラムで活動再開を表明していたが、急転直下の引退宣言で芸能界に衝撃が走った。

7月7日放送の「スッキリ」もこの話題を扱い、木下のデビュー当時から親交があったという春菜は「びっくりしましたし、すごく残念」と神妙な面持ちでコメント。続けて、「また一緒に(仕事が)できるようになるのかなって思っていた矢先…」「華々しく引退するっていうよりは、騒動があっての引退っていうことがすごく残念」など、ひたすらに無念さをにじませながら言葉を紡いでいく。

また、引退を決めた理由に関しても、春菜は「子どもたちを守るとか、そういうことが一番にきての引退だったんだなと思った」などとコメント。一応「タピオカ店オーナーの方とこれからも向き合って解決しなきゃいけないっていう前提はありますけど…」という前置きはしていたものの、その物言いは、まるで「子どもを考えての潔い行動」と一定の理解を示しているようだった。

 

相変わらず身内に甘いハリセン・春奈に…

当然ながら、ネット上には、

《近藤さん、木下をかばってる?》
《残念かな? 因果応報だなぁとしか思えないけど》
《いつももっと厳しく言うのに、知人だからか緩いコメントでしたね。子どものことを考えて…を強調してたけど》
《芸能人仲間だからってオブラートに包むのではなく、会いに行って謝罪をすることもなく復帰しようなんて、考えが甘いってことをちゃんと指摘しなきゃダメなんちゃう?》
《「残念」じゃなくて「因果応報」って冷たく言っていいです。そうすれば近藤さんの株が上がるでしょうね》
《それにしても近藤さんも自分とつながりがある人には相変わらず甘いですね。コメントするなら公平に言うべきです》

など、厳しい意見が噴出。視聴者の意見を代弁するどころか、全く相反する見解を述べたことが露呈してしまった。

「和田アキ子・坂上忍・宮根誠司・小倉智昭など、ワイドショーのMCは賛否を覚悟でズバズバと物を言うもの。しかし春菜は、『いい人アピール』をしたいのか歯切れが悪い上、タレントの不祥事には〝身内擁護〟にしか聞こえないコメントを出しがちです。例えば今年2月、東出昌大の不倫問題では、杏を裏切ったゲス行為に世間中が呆れる中、『東出さんは傷口を広げないように、(会見で)言葉を慎重に選んでいたと思う』と擁護していました」(芸能記者)

木下のことを「子どものことを考えて引退を選んだ立派な母親」とでも言いたげだった今回の春菜。そこには、平穏な暮らしを〝事務所総出〟でつぶされそうになり、恐怖に震えたであろうタピオカドリンク店側の気持ちはまるでなかったようだ。

 

【あわせて読みたい】