ドラマ『M』の汚名返上!? 安斉かれんの浴衣姿に絶賛「クソかわいい」

浜崎あゆみの自伝的なフィクションドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)の主役を演じたことにより、一躍世間に名を知らしめた歌手の安斉かれん。そんな彼女が7月7日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に出演し、ドラマの雰囲気とは違う〝浴衣姿〟を披露して視聴者を虜にしていた。

この日、安斉は〝ブルーのヒョウ柄〟という珍しいデザインの浴衣で登場。大人っぽい印象のメタリックパープルの帯を締める一方で、ピンク色の〝厚底下駄〟や大きなフープピアスといった〝ギャル〟らしいアイテムも取り入れるなど、ハイブリッドな着こなしに。

またダイヤのような光り輝く宝石が散りばめられた〝ネックレス〟や〝浴衣の帯締め〟も彼女の魅力を引き立たせており、完璧な浴衣コーディネートといっても過言ではないスタイルであった。

 

安斉を“愛すべき人”が急増!?

浴衣姿の安斉に、視聴者たちは一目見ただけでメロメロになってしまったよう。同日の番組にはモデルのほのかやフリーアナウンサーの本仮屋リイナといった〝美人どころ〟が多く出演していたのだが、ネット上には、

《めちゃくちゃかわいすぎね? CGじゃん! アニメじゃん! マジでリアル人間?》
《かれんちゃんクソかわいいな、もう少し太ってもエエかも》
《安斉かれんちゃんかわいすぎだろ》
《画像修整しなくても十分かわいいと思う》
《かれんがかわいく見えてきた! ドラマでは無理だったのに》

などと、安斉を絶賛する声ばかりが非常に目立っていた。

「ドラマで主人公の〝アユ〟を演じた安斉でしたが、その際は見事なまでの〝棒読み演技〟を披露してネット上の笑いものになっていました。結果的に彼女の容姿などにスポットが当てられることも少なく、出てくる話題と言えばドラマの演技力の評価ばかり。しかし同ドラマは7月4日の放送で最終回を迎えたため、今後ドラマが人々から忘れ去られれば、安斉が本来持つ魅力を存分に発揮できるのかもしれませんね」(芸能ライター)

『M』では全く評価されなかったが、バラエティーへの出演で〝美貌〟を武器にファンを増やすことに成功した安斉。ドラマなどへの出演は極力控え、バラエティーや本業の歌手に専念した方が良さそうだ。

 

【画像】

MPIX.TURE / Shutterstock

【あわせて読みたい】