美少女グラドル・我妻ゆりか“ノースリーブの隙間”乳房の生え際が…!

生まれつきの難聴から補聴器を使用している美少女グラドル・我妻ゆりかが、撮影会のオフショット画像を公開して反響を集めた。

7月5日、我妻は同じ事務所のアイドルらと『イマドキ撮影会』に出演。出演の合間にツイッターを更新し、衣装姿の自撮り画像も添付した。画像にはバストアップしか写っていないのだが、深く刻まれた胸元には美しいFカップの谷間がうっすら…。終了後にはツイッター・インスタグラムをともに更新し、《すーーっごいたのしかった!!》などと次回への意欲をにじませている。


インスタに投稿した画像も同じ衣装だったが、こちらは先ほどと違ってほぼ真横からのアングル。胸の隆起が目立つ他、フェチにはたまらないワキもチラ見えしている。カメラ目線を決める2枚目は、まるで「どこ見てるの?」と優しく咎められているかのようだ。


 

胸とワキのボーダーがチラ見え?

この画像はよく見ると、ワキを通り越した部分も見えそうになっている。胸とワキのボーダー、横から見た〝乳房の生え際〟ともいえる箇所がチラ見えする様は、清楚なルックスも手伝ってかなりの興奮を誘われる。

同投稿は一夜で2600件もの〝いいね!〟を獲得し、

《ゆりかさんかわい過ぎて、いつもTwitterの方から写真保存してる》
《めっちゃかわい過ぎ ヤバい》
《チラッ ドキッ》
《本当にかわい過ぎて笑》

などと大好評。図らずも、整った顔立ちに美肌・巨乳を持ち合わせた〝大正義〟ぶりを如実に見せつける形となった。

「我妻が2月にリリースしたファーストDVDは、美少女を具現化したようなルックスと豊満なボディーでいきなり大好評。これを受けてか、8月にはセカンドDVDのリリースも予定されており、こちらも大きな期待が持たれています。ファーストDVDは発売イベントがコロナ禍で中止となってしまったので、今回はイベントも無事に行えるといいですね。前作のリベンジも兼ねて、多くのファンが参加しそうです」(グラビア雑誌ライター)

持ち前のポテンシャルで、今後も快進撃を続けていきそうだ。

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】