藤田ニコル『ヒルナンデス』の評判に悲しみ…「辞めたらいいの?」

藤田ニコル 

(C)まいじつ 

メディアで見ない日はないほど大人気のモデル・藤田ニコルの〝バラエティー能力〟と〝真摯な姿勢〟が、ここへ来てあらためて評価されているようだ。

「ニコルを巡っては、今年に入ってから、母親と所属事務所とのトラブルが相次いで報じられました。先日には、ついに事務所から独立することが決まったとの情報も飛び交うなど、順調なメディア露出の裏で不穏な話が相次いでいます」(芸能記者)

芸能界において、所属事務所から飛び出したタレントは、慣習や諸事情から細々とした活動を強いられてしまうもの。特に旧事務所が大手であればあるほどこの傾向は強まるが、ことニコルに関してはその心配はなさそうだという。

「彼女の場合、バラエティー能力の高さはもとより、真摯な姿勢や周囲への気配りがズバ抜けている。例え事務所の後ろ盾がなくなったとしても、十分やっていける信頼と実力があります。セルフプロデュースも上手で、自身がパーソナリティーを務めるラジオ『藤田ニコルのあしたはにちようび』(TBSラジオ)では、〝アンチと直接対決〟という企画も行っていましたからね」(芸能事務所関係者)

 

批判にも耳を貸すほど真面目な藤田ニコル

同放送があったのは6月27日。ニコルは番組公式ツイッターで自身のアンチを募集し、放送内で電話をつないで直接対決するという驚愕の企画を行った。放送内のニコルは、「アンチになったきっかけ」や「嫌いなところ」などを質問。さらに、直後には〝アンチの意見を参考にする〟という生真面目を見せた。

「『テレビ出演時の態度が悪く感じる』というアンチの意見を聞いたニコルは、『もっと頑張らなきゃ』『初心に帰らなきゃと思った』とコメント。そして翌週のラジオでは、アンチとの対決直後に出演したレギュラー番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で『すごく明るく振る舞った』と、アンチの意見を参考に生放送に臨んだことを告白しています。しかし放送後にエゴサーチをしたところ、ネガティブな評判が並んでおり、ショックを受けてしまったようです」(芸能ライター)

ニコルは、「初心取り戻して明るく振る舞った『ヒルナンデス!』が反感を買うという…」「どうすればいいか分からなくなりました」と寂しそうに発言。さらに、「黙ったら黙ったで『テレビに出る態度じゃない』とか言うわけじゃん…」「私は何したらいいんだ? 辞めたらいいのか?(笑)」「どう『ヒルナンデス!』に向き合っていったらいいのか悩んでます。来週も怖い。毎週月曜日は怖いなぁ…」と、レギュラー番組に〝恐怖心〟が芽生えてしまったことをにじませている。

しかし最後にニコルは、「『ヒルナンデス!』は楽しい番組です! ただ、私のバラエティーの在り方が分かんなくなっちゃったって話でした」「絶対ネットニュースここまで入れてね!(笑)」と発言。番組に悪い印象が付かないよう、あくまで自身の問題だと主張していた。

傷ついて落ち込んでしまうほどの生真面目さと真摯な心、さらにこの気遣いさえあれば、たとえ独立してもうまくやっていけるだろう。

 

【あわせて読みたい】