柏木由紀の“料理下手アピール”に辛辣なツッコミ「いい年なのにヤバい」

柏木由紀 

(C)まいじつ 

『AKB48』の柏木由紀が、7月7日に放送されたラジオ番組『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演。驚愕の料理下手エピソードを明かして話題になっている。

柏木は〝卵を食べると胸が大きくなる〟という説を信じているといい、以前はほとんど食べることのなかった卵を摂取するようになったことを明かした。しかし「卵のバリエーション難しいですね」と、どのような料理を作ったらいいか悩んでいるとコメント。

さらに「目玉焼き作れない。ほんとにできないです。水…使うんですよね? どのタイミングで、どこに水入れるの?」と告白。出演者のケンドーコバヤシが丁寧に作り方を指南すると、「えええ! そんな工程あるんだ!」と驚いた。

「もともと、柏木の料理下手はファンの間では有名で、過去にはラジオ番組で目玉焼きのことをオムレツと言い間違え、メンバーからツッコまれたこともあります。実際、高校生のころまで卵を割ることもできなかったといい、2011年に『堂本兄弟』(フジテレビ系)へ出演した際は、〝ゆきりん流卵の割り方〟として、卵の先端に穴を空けて、そこから中身を取り出す方法を披露し、視聴者から失笑を買ったこともあります」(アイドル雑誌ライター)

 

柏木由紀の料理下手アピールは誰得?

彼女の卵エピソードに、ネット上では、

《「料理できない私、かわいいでしょ?」って感じのアピール?》
《いい年して目玉焼き作れないのはやばいと思う》
《さすがにネタだと信じたい。今時、小学生だって目玉焼きくらい作れるでしょ》
《何キャラ? そんな年で料理できないキャラやるの? キャラ迷子かよ》
《いい年して料理できませんはバカ丸出しだよ。そういうの通用するのは10代までだと思う》

など、大ブーイングが巻き起こっている。

柏木は去る6月24日に更新した自身のYouTubeチャンネル『ゆきりんワールド』で、コロナ禍での家庭生活を語り「本当にお風呂が苦手で、今までは年に1~2回しか湯船に浸かることがなかった。最近は浸かるようになりました」と告白したこともある。

ツッコミどころの多い生活を送る柏木。「かわいい~」という言葉を引き出すには、年齢を重ね過ぎている。

 

【あわせて読みたい】