藤田ニコル“中学生時代”の写真が別人過ぎる「誰か分からない!」

藤田ニコル 

(C)まいじつ

7月9日、『アンガールズ』田中卓志がインスタグラムを更新。8年前の藤田ニコルとのツーショット写真を公開したところ、ネット上では「顔が変わり過ぎ」と衝撃を受ける声が上がっている。

今回、田中は、《藤田ニコルちゃんがまだ中学生だったころ、雑誌の取材を受けました。取材の内容は「カニを教えてください!」と藤田ニコルちゃんが言うので、教えてあげました》と、中学生時代のニコルに持ちギャグ〝カニ〟を教えたというエピソードを明かした。写真には、まだ髪がフサフサの田中と、カニのかぶり物をかぶったブレザー姿の初々しいニコルが写っている。

 

中学生時代の藤田ニコルが衝撃的…!

このころのニコルといえば、ローティーン向けファッション雑誌『nicola』の専属モデルとして、既に若者の間ではカリスマになり掛けていた時期。しかしネット上では、ニコルの姿に対して、

《写真だけだと誰か分からないレベル》
《全然違うし、あんまカワイイ系じゃないような…》
《言われないと全然分からないね。この人って整形カミングアウトしてる? それとも垢抜けただけ?》
《にこるん、だいぶ雰囲気変わったんだね》
《にこるん全然違うじゃん。載せられるの嫌がりそうなのに》

など、顔が現在と全然違うとの指摘が相次いだ。

「中学時代と成人した今とでは、顔の雰囲気が違って当然でしょう。しかも女性ならば化粧もあるので、顔が別人のように変化することだってあります。特にニコルのような、常に流行の最先端にいるモデルは、はやりの化粧を施して顔がコロコロ変わっていくはずです」(芸能記者)

また、ニコルは2017年に中学1年生のときの自分の写真を公開し、《大丈夫こんな時代もあった》と、顔が大きく変わった自分をさらけ出している上、《昔と比べたら誰状態がなうでございます。笑笑》とも発言している。

〝顔面激変〟は、本人公認のネタでもあるようだ。

 

【あわせて読みたい】