みのもんた“最新姿”に驚きの声「すっかり痩せた」「寂しいな…」

みのもんた 

(C)まいじつ 

テレビで見る機会がめっきり減ったタレント・みのもんた。先日公開された近影に、ネット上では「一気に老けたね…」などと驚きの声が上がっている。

みのの姿が話題になったのは、7月11日付の『東スポWeb』の記事。同記事内で、みのは自粛期間中の暮らしについて明かしている。7年前に妻を亡くして以降、夜ご飯がほとんど外食だったため、電子レンジの使い方すら分からなかったそうだ。また自宅では、「話し相手がいないとダメだから」とのことで、妻の骨つぼを横に置いて、2人でしみじみ酒を飲んでいるという。

すっかり隠居状態になっているみのだが、ネット上で話題となったのは、同記事に添えられた写真だった。深くシワが刻み込まれた75歳・みのもんたの姿に、

《すごいヨボヨボだね。やめる直前ってこんなんだったっけ?》
《いやーーーー、これ見て、みのもんた年取ったなあ。。って思った》
《自粛して人から見られる意識も薄れたらグッと老けたのかな? てかちょっと痩せた?》
《油が抜けて、どこか寂しい気分にさせるな》
《少し見ない間に痩せましたね。以前よりも年を重ねているように見えますし。長生きしてほしい》
《80代後半くらいに見える…。若いころからの張り詰めてたものが、一気に解放されて年齢に現れたのか…》

など、しみじみとした声が上がっている。

 

長年共演した久本雅美の名前をド忘れ

「3月末で約12年半にわたり司会を務めた『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)を降板したみのですが、放送末期には、置物状態となっていましたね。オンエアを見ると、MCにもかかわらず、ほぼしゃべっておらず、場面によっては寝ているように見えるときもありました。また、3月25日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演した際には、『ケンミンSHOW』で長年共演してきた久本雅美の名前をド忘れするシーンも。体力的に限界が近づいていたのかもしれません」(芸能記者)

『ケンミンSHOW』降板理由について、自分の衰えだと告白しているみの。これからは、新しい自分のペースで仕事をしていってほしい。

 

【あわせて読みたい】