『欅坂46』オワコン化の影響? ハライチ・澤部佑の発言が笑えない…

欅坂46 

(C)まいじつ 

7月12日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)では、『ハライチ』澤部佑から〝『欅坂46』ディス〟とも取れる発言が。『欅って、書けない?』(テレビ東京系)で関りのある「欅坂」を少しイジっただけなのだが、ファンにとってはあまり笑えないギャグだったようだ。

この日の番組では、『ロマンスの神様』などで大ブレークした歌手の広瀬香美が先生として講義。何度も挫折を経験しながら作曲家の夢を追い求めていた、知られざるしくじりエピソードを語っていった。そんな彼女の講義には、『乃木坂46』の高山一実と『日向坂46』の齊藤京子が生徒役として出演。「日向坂46」といえば『日向坂で会いましょう』(テレビ東京系)で『オードリー』と共演しており、上手くリアクションができない齊藤のことを、若林正恭が守る場面もあった。

すると澤部からは、「守るな」「優しいな、日向坂に」といったブーイングが。続けて彼は「欅坂だけいないぞ! 今日」と番組に出演していない「欅坂46」をイジり、共演者を笑わせた。しかし「欅坂46」は、ここ最近〝オワコン化〟が懸念されているグループ。「日向坂46」と「乃木坂46」が出演していて「欅坂46」だけ出ていない…という状況を、ファンは想像以上に重く受け止めているようだ。

 

欅坂46が『しくじり』に出れない理由

澤部が恐らく冗談で指摘した「欅坂だけいない」という事実に、ネット上では、

《澤部それは禁句だぞ!》
《普通に笑ったけど、笑えない状況》
《澤部の「欅坂だけいないぞ」が全てを物語っている》
《澤部の「欅坂だけいない」はあまりにも悲しくなる》
《番組側として今の欅坂をキャスティングできるわけないよなぁ…。人気メンバーがどんどん辞めていき、他のメンバーはバラエティーできないし…》

などの声が。またアンチからは

《とりあえず欅坂をパフォーマンスで売り出して、バラエティーを頑張る普通の坂道として売り出さなかった代償が目に見えて本当にざまあみろです》

といった声も…。「欅坂46」がバラエティーでいまいちパッとしないのは、〝身から出た錆〟なのだという話もある。

「『欅坂46』は今時珍しい〝ライブ重視のアイドル〟として知られていますが、一方でバラエティーにはあまり力を入れてこなかった印象。平手友梨奈などの〝カリスマ〟が在籍していた時はそれで良かったものの、今はバラエティー適性の無さが足枷になっているようです。坂道シリーズの冠番組も『欅って、書けない?』だけが不評で、枠が2つしかないのなら『日向坂46』と『乃木坂46』を呼ぶのは当然でしょう」(芸能記者)

苦境に立たされている「欅坂46」だが、バラエティー能力が向上する日はくるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】