元『欅坂46』長濱ねる“謎だらけ”完全シークレットの大学生活

長濱ねる 

(C)まいじつ 

元『欅坂46』の看板だった長濱ねるの活動に注目が集まっている。彼女は昨年、突然「欅坂」を卒業し、以後全く音沙汰なし。一部では引退説も囁かれていた。

「去る7月7日、長濱の復帰が突如として各ニュースサイトに掲載され、オフィシャルサイトやスタッフ運営のSNSが続々とオープン。また、同日放送の『セブンルール』(フジテレビ系)へ予告なしに登場し、同番組の新レギュラーに就任したことが発表されました」(芸能記者)

同番組公式ホームページでは、長濱のスペシャルインタビュー動画を配信。「欅坂」卒業後について長濱は「今も通信大学に通っていて、卒業後に大学に入学して、勉強しながら。でものんびり、いろんな場所に行ったり、いろんな映画を見たりして過ごしました」と、何と大学に入学していたことを告白した。

「彼女は出身地の長崎県でもトップクラスの進学校N高在学中にデビュー。N高は東大や地元の名門である九州大に数多くの合格者を輩出。母親が芸能活動に消極的で、運営側と話し合い、何とかデビューした経緯があります。その後、他校に転校した説はありますが、定かではありません。転校するならグループを卒業する理由もないからです」(アイドル雑誌ライター)

 

カレ氏がいるから大学を明かせない?

昨年7月30日、幕張メッセで開催されたイベント『ありがとうをめいっぱい伝える日』に出演。31日未明に放送された『長濱ねるのオールナイトニッポン』でパーソナリティーを務め、それをもって卒業していた。以後活動を休止。その間の活動は分かっていない。

「彼女の母親が、再び芸能活動するなら、大学に入らないと活動を許さなかったとか。そこで晴れて入学できたために、活動を再開した。昨年、欅坂を卒業したのは、進学のためだとみられます」(同・ライター)

本人は通信制に通っていると語っているが、詳細は不明。実は昼間の一般通学生として合格しているとの情報もある。

「通常の入学をしていれば、私立の場合、通信制と合わせて単位を取ることも許可されます。誰でも入れる通信制とは違うのかもしれません」(週刊誌編集者)

長濱の通っている大学は、私立A大学。偏差値55~60と、かなり高いとされる。

「ただ、彼女は入学年を明かしていません。年齢的に考えて、すでに去年の時点で入学している可能性もある。でも、なぜオープンにしないのか…。カレ氏がいて同棲中とのウワサもありますから、大学のことはシッポを捕まれるので明かさないのかもしれません」(同・編集者)

そのうち〝決定的な写真〟が流出しそうな雰囲気がプンプンだ。

 

【あわせて読みたい】