瀬戸康史“恐怖体験”明かすもツッコミ殺到!「あまりに露骨で吹いた」

(C)Miko_g.g / Shutterstock 

俳優の瀬戸康史が7月12日、自身のインスタグラムを更新。自らの身に起こった〝恐怖体験〟を告白した。

瀬戸は、《怖いことあった。部屋で1人でいたのに電話のプルルルルって音が聞こえた。もちろん僕のスマホは鳴っていない。他に部屋でそんな音を発するものはない。外からの音にしては聞こえ過ぎてるし…幽霊かな。怖いっす》と怯えた様子をみせた。

この報告に、ファンからは、

《マジ怖いんですけど…》
《自宅ですか? 瀬戸くん以前から霊感あるって言ってましたよね》
《えっ、幽霊かな? 1人だとマジ怖いよね》
《まさか事故物件じゃないですよね? いきなり電話の音ってめちゃビビるわー》

など、心配する声が寄せられている。

 

映画の宣伝?「同じようなシーンがあったりして」

「瀬戸は4月に放送されたバラエティー番組『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演した際、父親を除いた家族全員に強い霊感があると告白。車を運転中に対向車のライトに目がくらんだ直後、男性の顔がフロントガラスいっぱいに見えたというエピソードを披露しました。さらに、昨年11月公演の舞台『ドクター・ホフマンのサナトリウム~カフカ第4の長編~』の列車に乗っている設定のシーンで、『明らかに1人多いんですよ』と体験談を披露したこともあります。もっとも、瀬戸の心霊体験はどれも抽象的なものばかりで、8月28日にはホラー映画『事故物件 恐い間取り』の公開が控えていることから、『映画の宣伝じゃないか』といぶかしむ声も上がっていますね」(芸能記者)

確かに、ネット上では、

《あ、映画の公開があるのか。おつかれっす!》
《このタイミングで突然の心霊体験語り。映画が公開されるからね。宣伝みたいなものか》
《あまりにも露骨で吹いたわ。映画にも同じようなシーンがあったりして》
《本当に電話の着信音が鳴ったかなんて、本人しか分からないからな。そこまでファンもピュアじゃないだろう》

などといった声が投げつけられていた。

瀬戸は2014年11月に自身のブログで、車のサイドミラーに女性が写り込んでいるように見える写真を公開。「何か女の人っぽい。心霊写真…?こわっ」とつづったが、オカルトマニアから「気のせいだろ」と一笑されたことがある。

今回の恐怖体験もリアルだと信じたいところだが…。

 

【画像】

Miko_g.g / Shutterstock

【あわせて読みたい】