麻生久美子“衝撃過去”自ら暴露「ググるとスゴい写真が出てくる!」

麻生久美子 

(C)まいじつ 

女優の麻生久美子が7月10日に放送されたトーク番組『A-Studio+』(TBS系)に出演。もともとアイドルに憧れていたという麻生は、「若いころに〝いかがわしい雑誌〟に出たことがある」と、自ら黒歴史を明らかにした。

麻生はエキストラ派遣会社に所属していた当時、街でスカウトされたことを振り返り、「街でスカウトされて、そこの事務所にも入ってみたんですよ。エキストラ会社だからスカウトされたところに入ってもいいかなと思って」と回顧。

そして、その事務所の最初の仕事について「タイで雑誌のグラビアの撮影と言われて連れて行かれたんですけど、現地で水着の撮影に行ったら、写真の掲載先が〝いかがわしい雑誌〟だったんです…」と、恥ずかしい過去を明らかにした。

麻生によれば、このときに勝手に芸名をつけられたそうで、「それが今も旧芸名として(ネット上に)書かれていて嫌だなぁって。言えてよかった」と、つかえていた胸の内を吐き出してスッキリした様子を見せた。

 

過去の麻生久美子を発見して大興奮する人たち

そんな麻生の話を聞いて沸き立ったネット民が、一同に旧芸名を検索。すると、ネット上では、

《調べたら普通に書いてあって草。ググるとスゴい写真が出てくるぞ!》
《麻生さんにそんな過去があったとは…。水着写真、拝見させてもらいました。ありがとう!》
《自らしゃべっちゃっていいのかw 若いころの麻生さんめちゃエロいんだけど》
《麻生久美子エロいわぁ。完全にオカズにされてただろうな》

など、お祭り騒ぎになっている。

「麻生の旧芸名で検索すると、ハイレグ水着やブルマ姿の写真を見ることができます。しかも、よくよく見ると〝タテスジ〟もクッキリと写っているのですから、たまりません。今やカンヌ女優となった麻生にとっては、絶対に封印したい過去でしょうね」(グラビア雑誌ライター)

俳優の下積み時代にはよくある話だろうが、現在の麻生しか知らないファンにしてみれば、決して検索しない方が、お互いのためと言えるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】