小嶋陽菜“アパレルブランド”絶好調で篠田麻里子と明暗くっきり!

小嶋陽菜 

(C)まいじつ 

元『AKB48』小嶋陽菜がプロデュースするアパレルブランド『Her lip to(ハーリップトゥ)』。その素晴らしい経営手腕に注目が集まる一方で、ネット上では、かつて小嶋と「AKB」の双璧をなした篠田麻里子によるアパレルブランドを懐かしむ声が多く上がっている。

7月13日付の『NEWSポストセブン』にて、『小嶋陽菜、アパレル絶好調 「一流マーケター」との評価も』という記事が配信された。2018年6月にブランドを立ち上げ、自身が〝今着たい服〟をコンセプトに作られている同ブランド。記事では、実店舗を持たずECサイトのみの販売でリスクを減らしていることや、訴求する層を限定し〝コスパ〟良く販売につなげていることなど、その商才を称賛。また、インフルエンサーとしてフロントに立ちながら、生地の選定や生産ラインなどにも携わる姿勢を《全体観を持った販売戦略を描けるスキル》とし、《真の一流マーケター》とべた褒めしている。

「生地は自身の納得のいく素材や色合いでないと商品化しないなど、本気でこだわっている様子が分かります。芸能人がアパレルのプロデュースを始める場合、既存の大手ブランドと組んで〝名前貸し〟をすることも少なくありませんからね。その代表的なブランドが、小嶋とのコンビ〝にゃんまり〟の愛称で親しまれていた篠田です。小嶋の成功に、篠田は今ごろ熱鉄を飲んでいるのでは…」(芸能ライター)

 

篠田の“店”はあっと言う間に全店閉店

篠田は幼いころからブランド立ち上げを夢見てきたという。念願かなってついに13年、『ricori』を始動。東京・新宿をはじめ大阪や福岡などで続々と実店舗をオープンさせたものの、なかなか売れ行きが伸びず、翌年7月には全店閉店に至っている。

「不人気の理由は、デザインがメイン層である20代女性には子どもっぽくありきたりだった上、値段設定が高めであったこと。そして何よりも驚いたのは、閉店に際し篠田が自身のツイッターで《ricoriが閉店することになり大変驚いています。 私、篠田麻里子も去年までアドバイザーとしてお手伝いしていただけに残念です》とコメントしたこと。あれだけ前面に出ておきながら、失敗したら〝実は名前だけ貸していました〟と主張したのです」(同・ライター)

今回、篠田とは真逆ともいえる小嶋の優れた経営手腕に注目が集まったことにより、ネット上では、

《アパレル失敗した篠田麻里子思い出すわ》
《(「Her lip to」の値段は)高いけど篠田麻里子のリコリよりはマシだね》
《篠田麻里子自体は好きだったけど、アパレルの服は高い上に「ん?これがおしゃれなのか…?」って感じだった》
《こじはるのブランドはフェミニン系っていうの? 好きな人は本当に好きな系統だから狭く深く刺さるけどリコリはどこにも刺さらなくてすぐ終わったw》

などと、在りし日を懐かしむ声が多く上がっている。

今年の4月に第1子となる長女を出産した篠田。子ども服でリベンジなるか…?

 

【あわせて読みたい】