木村拓哉“マック新CM”にヤミツキ…「恥ずかしいけどやっぱプロだわ」

木村拓哉 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月7日から、俳優の木村拓哉が出演する『マクドナルド』の新CM『ちょいマック「ドライブスルーの歌」篇』が放送されている。木村が1人、車内で歌うといった内容だが、ナゼか数多くの視聴者の間で〝共感性羞恥心〟が生まれると話題になっている。

ドライブスルーで「ちょいマック」を楽しもうと車を運転する木村。高まるテンションを抑え切れないのか、「ドライブスルーでちょいマック! ドライブスルーでちょいマック!」と身をよじらせながら歌い、「なんだ、この歌」と、われに返って苦笑いするという内容なのだが…。

「『ちょいマック』を『ちょうぃマックうェ』と語尾をクセ強く歌うなど、〝キムタクらしさ全開〟の歌い方。30秒の長尺バーションでは、『スルぅー、スルぅー、スルぅーを、マックのドライブスルぅーを~、ちょい、ちょい、ちょいマぁック、ちょいマックスルぅー』といったAメロを歌っているのですが、これもまた見事な〝大クセ〟です」(芸能ライター)



 

「悪い意味でキムタク過ぎる」

ファンにとってはうれしい木村の〝キムタクっぽい〟歌声。しかしながら、一般のネットユーザーからは、

《うぁあああああああキムタクのマックのCMの歌まじ鳥肌立つくらい嫌いいいいいもうやだーー》
《家族みんなでテレビ見てるときにマックのCMになってキムタクが「ちょうぃマックぅ」て1人気持ち良さそうに歌ってんの見るのキツいよーって人~?》
《さぶいぼ全開立ちました!!》
《キムタクの、車の中で「ちょいマック~」と熱唱するCMが耐えられず、5回目ついに「うるせえキモいんじゃ!」とひとりで叫んでしまった》
《もうちょっとこう、口ずさむ系の歌なら良かったような気がするなぁ… ドライブスルーが楽しみ過ぎてつい歌っちゃったような感じなら。悪い意味でキムタク過ぎるんよ》

などと不評の声が続出。また、木村のカッコつけた歌い方や、即興で歌っている感じなどが原因か、

《マックのキムタクのCM、共感性羞恥で死ぬ》
《キムタクのマックCMで共感性羞恥感じてる人たくさんいて安心した。早く終われや》

などと〝共感性羞恥心〟があおられている人も多く見受けられる。

「あの歌自体は、木村の即興ではなくプロの作家・釣俊輔氏が作曲したもの。木村はそれを見事〝自分のモノ〟にして、多くの人に恥ずかしい思いを抱かせているのですから、ある意味でプロ歌手といえますね」(前出の芸能ライター)

この独特な歌が、いつかヤミツキになってくるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】