『ミヤネ屋』宮根誠司が専門家に逆ギレ!?「トンチンカンくそわろたw」

宮根誠司 

(C)まいじつ 

7月14日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)で、視聴者も呆れてしまう不毛なやり取りが繰り広げられた。

問題のシーンが訪れたのは番組後半。新型コロナウイルスの対応に関し、「K値」と呼ばれる新たな指標を考案して話題となった人物・大阪大学の中野貴志教授とビデオ通話を結んだ場面だった。

「K値」とは直近1週間の感染者数を総感染者数で割った値のことで、MC宮根誠司はパネルに描かれた実際の数値を示しながら、「感染拡大に向かっているのか、収束に向かっているのか、折れ線グラフにすると〝トレンド〟が分かるという捉え方でいいんでしょうか?」と質問。しかし、中野教授は「いや、違いますね」と即答し、宮根は腕を組みながら「違う?」とシカメ面をしてしまう。

宮根の顔を見た中野教授は「違う。全然違う」と重ねて否定し、「感染拡大を測定する測定機を、きちんとリセットしないとダメなんですよ」「4月(の計測)でしたら、武漢の第一波の影響を取り除いて、3月の後半から測り始めないと正しい値は出ません」と説明。しかし、宮根は「…え? それはどういうことですか?」と首を傾げてしまい、「総感染者数に古いものを足したらそんなのは関係ないですよね」との補足を受け、ようやく「あぁ~」と理解した様子を示した。

しかし、それでも宮根の理解は中野教授の理論に追い付いておらず、2人の話は全くかみ合わないまま番組が進行していく。

 

冷静さを失う宮根に視聴者呆れ声…

どうやら番組が用意したパネルは、そもそもの数字が間違っているようで、中野教授は「何か数字が出てるけどトンチンカンなんですよ」とバッサリ。宮根は「さっきから僕が言ってることはトンチンカンだったってことですか?」とイジケてしまい、その後の質問でも認識の間違いを次々と指摘されていく。さすがにスタジオからは笑いが起き、宮根も否定の連続に「どうしたらいいんすかもう」「関係ないんかい!」など、おどけながらも困り気味になってしまった。

ここで、宮根を見かねたのか、コメンテーターの中央大学法科大学院・野村修也教授から助け舟が。野村教授が簡潔にかみ砕いた説明を行ったところ、中野教授は「正しいです。すごいです」と、宮根のときとは態度を一変させる。これを聞いた宮根は「くっそー腹立つわぁ」と苦笑いを浮かべ、「スタジオ来て説明してもらっていいですか?」と不満げな顔でコーナーは終了したのだった。

この様子を見ていた視聴者からは、

《専門家に全否定されて『腹立つわー』言うてたし 雰囲気だけで司会すんな》
《宮根の説明は専門家からいつも否定されんだからお前は説明しちゃいかんよ》
《宮根はねちっこい性格だから、論破されるとリセットできずにずっと斜に構えるんだよな》
《いつものように宮根が有識者に口を挟んで、とんちんかんって言われていてくそわろた》
《自分が聞いてなかったくせにスタジオで説明しろとかwww》

などと、冷静さを失う宮根に呆れる声が。しかし、一方で、

《宮根さん半ギレやんね そりゃーキレるわ》
《テレビに出てる感染症専門医って、感じ悪かったり偉そうだったりする人多くない?》
《この先生は宮根嫌いだな 宮根が何か言うと全否定》
《椅子に深く腰掛けるしボールペンカチカチするし、あんまり態度は良い教授じゃないな》

など、宮根の対応に理解を示す意見も見られている。

深刻さを増すコロナの話題だけに、何はともあれ冷静に情報を伝えてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】