市井紗耶香“娘の学校”をSNSで批判して炎上「モンスターペアレントだ」

市井紗耶香

(C)まいじつ

現在、ツイッター上で「ツーブロック禁止」という〝ブラック校則〟が大きな批判を呼んでいる。一方、同じく髪に関する〝ブラック校則〟に声を上げた元『モーニング娘。』市井紗耶香が、一部のユーザーから「モンスターペアレント」だと〝逆批判〟を受けてしまった。

話題のもととなったのは、池田友一都議会議員が7月13日にツイッターへ投稿した動画だった。動画に収められているのは去る3月12日に開かれた予算特別委員会の質疑で、池田議員は「ツーブロック禁止」の学校が広まっていることについて「なぜダメなのか」と質問。

これに対し、都の教育長は「外見等が原因で事件や事故に遭うケースなどがございますため、生徒を守る趣旨から定めているものでございます」と回答し、ネット上で「意味不明」「因果関係がない」「ブラック校則」などと猛批判を浴びていた。

動画は1日あまりで160万再生を超え、リツイートも2万件を突破。現在ではさらに拡散され、一大議論に発展している。こうした流れを受けたのか、市井は14日から15日にかけて、自身の娘も頭髪に関する〝ブラック校則〟に巻き込まれたことをツイッターで明かしたのだ。


 

市井紗耶香の対応が過剰だという批判も…

ツイートによると、市井の娘は水泳経験により毛先に色ムラがあるらしいが、これが〝染髪〟と見なされて校則に引っ掛かったとのこと。教員から黒く染めることを求められたため、市井は《先生に事情を説明し、黒く染めることはしませんと伝えた》という。

さらに、市井は《過度に個人の尊厳を損なう行為はあまりに残念過ぎる》《子どもに寄り添う教育であってほしいと願うばかり》などとつづった。

しかし、ネット上には、

《親がここまで問題を大きくすると、子どもがかわいそう。モンスターペアレントといわれても仕方ない。わざわざSNSに書き込み、学校を批判するのはどうなのか》
《過剰に反応し過ぎです。一言理由説明すれば学校側も納得したはず》
《芸能人の親が学校の指導に対しての不満をツイッターとかに上げない方がいい》
《ある程度ルールがないとやりたい放題の子どもが集まった荒れた学校の出来上がり》
《気に入らないなら他所の学校行くのが一番》

などといったコメントが。市井の対応が批判されてしまったが、一方で、

《地毛なのに染めろとか言われたらめっちゃショックなんだけど》
《金髪やらにするのはダメで、黒に「染める」のはいいって本末転倒》
《私も地毛が茶色で 言っても染めてこい と言われ黒染めさせられました》
《私ももともとは栗色の毛色で高校のときは地毛登録ってのしなきゃいけなかったなあ》

などの理解も見られている。

アイドル時代には、「明るい未来に就職希望だわ♪」と歌っていた市井。あれから20年以上が経過したが、どうやら想定していた未来は来なかったようだ。

 

【あわせて読みたい】