『セブンルール』尾崎世界観に早くも不要論?「若林の方が良かった」

(C)pathdoc / Shutterstock 

7月7日の放送回より、新キャストとして『クリープハイプ』の尾崎世界観と、元『欅坂46』の長濱ねるを迎えた『セブンルール』(フジテレビ系)だが、早くも暗雲が立ち込めている。尾崎がいまいち番組にハマっておらず、視聴者の間では〝尾崎不要論〟も飛び出している。

〝今、最も見たい女性〟の7つのルールを紹介し、彼女たちの人生を映し出してきた同番組。新キャストにとっては2回目となる14日の放送では、人気女性スタイリストの百々千晴氏にスポットを当てていた。スタイリストにコーディネートをしてもらう際のこだわりを聞かれた尾崎は、「頑張ってる感じになるのは嫌ですね。ちょっとお金が入っていい格好をしているのが見えない感じにしたい」とコメント。その後も彼らしい独特な感性が垣間見えるトークを展開していた。

バンドマンながらもそつなく受け答えができていたように思えるが、視聴者からは、

《尾崎世界観の〝これじゃない〟感がすごい》
《『セブンルール』と尾崎世界観が合っていないような気がする》
《キャスティングが迷走してない?》
《若林の方がよかった》
《冷静に考えて尾崎世界観ってキャスティング何がしてぇんだよ》

などと厳しい声が。尾崎への風当たりが強い理由は、彼らと入れ替わりで番組を去った『オードリー』若林正恭の影響もあるようだ。


 

尾崎世界観に若林の代わりは務まらない?

「以前までの『セブンルール』は、少しストイックすぎるトピックに若林が庶民的なツッコミを入れることでバランスを保っていたように思えます。しかし番組の柱とも言える若林が突然番組を去り、〝謎の降板〟だと不審に思う視聴者が続出。そんな中に尾崎が新キャストとして入ってきたのですから、すんなり受け入れられるのは難しそうです。ちなみに『セブンルール』のプロデューサーは、木村花さんの一件で問題になっている『テラスハウス』(フジテレビ系)と同じ人。そのため〝降板〟と決まったわけではありませんが、若林がいなくなったことについて様々な憶測が飛び交っています」(芸能記者)

一方で長濱の番組起用には、

《毎回ねるちゃんを見れるのは素直に嬉しい》
《ねるちゃんは『セブンルール』に合っていると思う》
《何より可愛いから、いるだけで画面が華やぐ》

と絶賛の声が。現状は尾崎だけが浮いてしまっているようだが、今後番組に溶け込んでいけるのだろうか。

 

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】