『ナギサさん』多部未華子の服装がダサすぎる「東京コレクションかよっ!」

私の家政夫ナギサさん 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月14日、多部未華子主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の第2話が放送された。世帯平均視聴率は第1話14.2%、第2話12.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と好調なのだが、多部の服装を巡ってツッコミが続出している。

同作は、仕事はできるものの家事と恋は不器用な28歳の独身女性・相原メイ(多部)が主人公。ある日、妹の福田唯(趣里)が、誕生日プレゼントとしておじさんスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ってきたことから、メイとナギサの奇妙な関係が始まっていくハートフルラブコメディーだ。

第2話では、ナギサさんと手をつないだまま眠ってしまったメイが、衝撃の事実にパニック状態に陥る。そんな中、メイの母親・美登里(草刈民代)が家にやって来てさらに混乱。家政夫を雇っていることを知られたくないメイは、ナギサさんをクローゼットに押し込む。そして美登里を連れて、一緒に自宅から出ていった。

また今回の話では、ライバル会社の社員・田所(瀬戸康史)がメイの隣人であることが判明。ひょんなことから田所と合コンすることになるなど、ハプニングの連続となっていた。

 

「多部ちゃんの服なんとかしてー!!!」

テンポの良い展開で視聴者から好評を博している『ナギサさん』。しかし一方で、メイの服装が気になるとの声が続出しているようだ。SNSやネット掲示板などでは、

《多部ちゃんの服装が気になる。MRとしてドクターに会うのに、オーガンジーのロングスカートはアリなんだろうか。。》
《スカートの下にパンツも多い。組み合わせ独特~って、毎回思う。衣装がイマイチ》
《多部未華子なんて服だ…!東京コレクションかよっ!》
《多部ちゃんの服なんとかしてー!!!》
《主人公の服やばくない?》
《服ダサ過ぎる 素敵なの着させてあげてーーー!》

など、ダサい・奇抜との指摘が寄せられている。

バリバリのキャリアウーマン設定であるメイだけに、奇抜な服装は性格とのギャップがあるのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】