『ヒルナンデス』平子理沙“超露出コーデ”に衝撃…「ぶっ飛び過ぎ」

平子理沙 

(C)まいじつ 

7月14日の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で放送された人気企画「格安コーデバトル」のコーディネートに、視聴者からツッコミが殺到した。

この日は「海沿いテラスでディナーデート」をテーマに、ファーストサマーウイカと丸山桂里奈の人気バラエティータレント同士が対決。モデルの平子理沙と倉本康子がコーディネートの指南役を務め、平子はウイカ、倉本は丸山を担当することとなった。

日頃のファッションは、ボーイッシュでカジュアルな系統だというウイカ。この日はセクシーなコーデで違った雰囲気を出したいとオーダーすると、平子は自身も着ている「バルーンブラウス」という肩出しの服を薦めた。しかし、この服はまるで水着のような大胆露出度であり、ウイカは「これ服ですか!?」「ポケモンにこんなのいましたよね?」と動揺した様子に。一方の平子は「絶対かわいい」と全く気にせず、「脚を出してほしい」とボトムスにもショートパンツをチョイスした。

 

「若作りのおばさんって言われそう」

「布すくなっ!」と引き続き動揺するウイカだったが、平子も相変わらず自信満々の表情。そして出来上がった「大人セクシー」と称した最終的なコーディネートは、デコルテ、ヘソ、太ももから下が剥き出しとなった、2000年代のギャルさながらの超大胆なものだった。

「海沿いテラス」というテーマを強く意識したのか、海水浴客が着ていてもおかしくないほどの高い露出度だったこのコーデ。あまりの大胆さに視聴者は理解が追い付かなかったようで、ネット上には、

《平子理沙のギャル捨てられてないようなセンス…》
《平子理沙のコーデでディナーデートしたら、酔っぱらってヤリ捨てされて終わるわ》
《ハタチ前後のインフルエンサーとかと張り合ってるのかな? 自分の好みを貫くのは自由だけど、ことごとく痛々しい》
《普通の30歳が着たら若作りのおばさんって言われそう》
《ウイカだから似合うけど、平子理沙のセンスはぶっ飛び過ぎてて真似しようとは思えないな…》
《平子理沙のコーデのセンスのなさにわらったさw》

など、次々と辛らつな意見が。さらに、勝負の結果は平子・ウイカチームの勝利に終わったため、

《これで勝ち…?》
《平子理沙って権力者とつながってんの?》
《何で平子理沙のコーディネートが勝つの??! 何の忖度?!!》

などといったツッコミも上がっていた。

人気モデルとはいえ、平子ももうすぐ50歳。仕事柄トレンドを追っているとは思うが、どうしても昔のセンスが顔を出してしまうのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】