鷲見玲奈“爆乳”に異変!? ファン困惑「パツンパツンじゃなくなった…」

画/彩賀ゆう

フリーアナウンサーの鷲見玲奈が7月15日、自身のインスタグラムを更新。筋トレしている動画を公開した。

鷲見は《一昨日行ったジムの筋肉痛が、今日来ている… 斉藤トレーナーに今回も追い込まれました ジム通い初めて52キロ→47キロに MAX体重からはマイナス8キロになりました》とつづり、自身の体重を明かした。

昨年10月には、4回のジム通いで2キロ落としたことを明かしていた鷲見。ストイックに筋トレに励む姿を見たフォロワーからは、

《すごく頑張ってますね。5キロの減量とかめちゃすごい!》
《最初からそんなに太ってないのに、さらに8キロも落としたなんて驚愕。本当にスタイルいいなぁ》
《筋トレしている鷲見さんの姿に萌えた。一緒にトレーニングしたい》
《鷲見さん頑張って!応援しています》

など、絶賛の声上がっている。

 

「パツンパツンがパツンになった?」

一方で、急激にダイエットした彼女の姿を見たファンからは、悲しみの声が…。ネット上には、

《おっぱいが萎んでる気がする。以前はもっと爆乳だったよね?》
《こころなしか胸が小さくなってるね。スリムになったのはいいけど、肝心のアピールポイントが…》
《パツンパツンのおっぱいがパツンくらいになった?少なくとも1カップは小さくなったと思う》
《女性は痩せると胸から落ちるっていうからね。鷲見さんも同じだと思われる》

など、胸の大きさを心配するファンが続出している。

「鷲見のバストは95センチ・Gカップといわれています。その破壊力抜群の爆乳が少なからず萎んでしまったというのですから、ファンも気が気じゃないでしょう。もっとも、5キロ痩せたことで、ウエスト周りはかなり絞り込まれたといえます。かえってトータルのバランスは良くなったのではないでしょうか。田中みな実のように、ランジェリー姿を披露してもらいたいものですね」(女子アナライター)

多少胸が小さくなったところで、鷲見の人気はまだまだ不動のようだ。

 

【あわせて読みたい】