『ホンマでっか』霊視企画に呆れ声! 有吉弘行も断言「恥ずかしくねえの?」

有吉弘行

(C)まいじつ

〝霊視〟企画を放送した7月15日の『ホンマでっか!? TV』(フジテレビ系)に、視聴者から呆れた反応が相次いで寄せられた。

この日に放送されたのは、霊視芸人・シークエンスはやともによる「霊視ランキング」。同企画は過去にも何度か行われており大反響だったため、またも放送されることになったという。さらに今回は、はやともが霊視能力を引き継いだという父親・パパともがスタジオに初登場。『ぺこぱ』、HIKAKIN、藤田ニコル、フワちゃんといったゲストを霊視し、霊の解説やアドバイスを行った。

HIKAKINを「僕が今まで見た人の中でズバ抜けてプライドが高いんです」と見抜いた他、「ぺこぱ」のシュウペイに女性の存在を指摘するなど、さまざまな霊視を行ったはやとも。しかし、当然ながら霊視そのものに科学的な根拠はないため、信じるか否かは本人や視聴者次第という感じになっていた。

ネット上には、

《これ、全国の視聴者はどう思ってるんだろうな。おもしろいかね》
《心理分析ですらないよな 見た印象とか、ブログとかインスタ調べたら分かることだけ あとは決めつけ》
《最近こういう占いとか心霊とかインチキを平気で放送するようになったね》
《ホント見た感じのことしか言わないから不愉快だわこのインキチ霊能者》
《誰でも言えそうなことしか言ってない霊能者》

など、企画そのものに対する辛らつな意見が。視聴者にとっては、何の根拠もない〝インチキ〟と映ってしまったようだ。

 

有吉弘行は「病院行った方がいい」と痛烈ディス

「視聴者と同じように、かねて占いや霊視に懐疑的な持論を持っているのが有吉弘行。『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)をはじめ、各所で毒づいているのですが、7月12日放送のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)でも、ゲストの手相芸人・島田秀平に対し、『霊を感じる?(笑)それって、本当の病院でカウンセリング受けた方がよくない?』『脳神経のカウンセリング受けた方がいいんじゃない? だって、お化けが見えちゃうんだもん。見えないものが見えちゃうんだもん』などと強烈に皮肉っていました」(お笑いライター)

有吉は6月7日の同ラジオでも、この時期に〝怪談話〟をするタレントについて「だいたい、ヤバイ奴だもん。ヤバイっていうか、つまんねぇ奴ら」と発言。「そんなウソついて仕事もらって、どうする気?」「いかにも真実のようにウソついてさ。人をだまくらかしてカネもらってんだよ。恥ずかしくねえのかって」など、言いたい放題に批判している。

「2008年末、有吉は『人志松本のすべらない話』(フジテレビ系)に初出演し、自身の父親が『お化けなんてこの世にいねぇ』とお供え物の酒や果物・まんじゅうを墓石に投げつけた話をしました。翌日、再び墓に行くと墓石は真っ黒になっており、当時の有吉少年は『呪いだ』とおののいたのだそう。しかし、よく見ると墓石についた果物にカブトムシがたかっていただけだったため、以降、霊的なものを信じなくなったそうです」(同・ライター)

先月、日本の新型コロナウイルス死者が他国より少ないことについて、麻生太郎財務大臣が「民度のレベルが違う」と発言して話題になった。しかし、占いやオカルトがゴールデンタイムで人気を博しているところ見ると、この発言が正しいとは言えないのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】