新木優子の“超絶脚長”写真に驚愕…「逆に怖い」「等身バグってね?」

新木優子 

(C)まいじつ 

女優の新木優子が7月14日、自身のインスタグラムを更新。タイル地の背景で全身ショットを撮影するという〝強気な姿勢〟と、スタイルの良さに驚きの声が続出している。

圧倒的な小顔と、某メディアに〝12頭身〟などとあおられるほどの美脚を持つ新木。昨年10月から放送されたドラマ『モトカレマニア』(フジテレビ系)では、主人公の元カレを忘れられない〝こじらせ系女子〟を演じ、モデルだけでなく女優業でも頭角を現しつつある。

そんな新木は14日、自身のインスタに《撮影のときだけマスク外しています》と、コロナ禍ではおなじみの注意書きをした上で、7枚の全身写真をアップ。《意気込んでレインブーツ履いたのに撮影が終わったら雨やんでいました》とコメントするとともに、スキニーデニムにオーバーサイズのYシャツをインした〝長靴コーデ〟を披露した。

「着用している衣服のブランドをタグ付けしており、膝下まである長靴は『マッキントッシュ』のモノで、値段は約2万5000円。形がきれいで、新木さんの真っすぐ伸びた美脚がより際立っています」(ファッション誌ライター)

 

新木優子の等身がバグり過ぎ…

ネット上で話題になったのは、これら写真の〝背景〟だ。

「タイル地の背景は加工しにくいことで有名。加工の過程で線が歪みやすく、見た人にバレやすいからです。これを逆手にとって、新木は“NO加工・修正”をアピールしたのかもしれません。現在のSNS界隈では、単色背景で撮影・加工した後にトリミングし、タイル地等の〝ごまかせない系〟の背景にペーストする手法もまん延していますね」(同・ライター)

ネット上では堂々とタイル地をバックにした新木に対して、

《私は絶対に空間を歪ませてないぞという強い意志を感じる背景だな》
《足長!!! 顔ちっさ!!!!! 世の中に本物をたたきつけたね》
《これで伸ばしてないからすごい》
《歪ませなくても完璧やからな》
《ワンピースの女キャラみたいな頭身》
《何か等身バグってね?》
《人体の構造的におかしいだろw 逆に怖いわ》

などといった称賛の声が続出している。

今後も〝加工〟に負けない、〝ホンモノ〟ぶりを見せつけてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】