『アンサング・シンデレラ』西野七瀬“ちぃぱい映え”に大興奮!

西野七瀬

(C)まいじつ

フジテレビが2月から大宣伝を行っていた話題のドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』が7月16日にようやくスタート。同ドラマは薬剤師にスポット当てた〝本邦初〟のドラマというフレコミだ。

「主演は石原さとみ。元『乃木坂46』の西野七瀬が準主役で出ることでも話題を集めました。石原主演ということは、ドラマ合格ラインとされる平均視聴率10%は軽く見込んでいるハズです」(テレビ雑誌編集者)

初回は15分の拡大版。22時枠で、裏番組には『報道ステーション』(テレビ朝日系)があり、この日は東京都の新型コロナウイルス感染者が1日当たりの新規感染者数として最多となる286人が確認されるなど、大きなニュースとして注目された。そんな中で、かろうじて平均世帯視聴率10.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。フジの同枠初回としては、2018年7月期に放送された山崎賢人主演の『グッド・ドクター』の11.5%以来、7作ぶりの二桁スタートとなった。

「しかしながら、3カ月の延期とはいえ、石原主演、薬剤師ドラマという話題性、異色性も抜群だっただけに、期待以下と言えるかもしれません」(同・編集者)

 

「ポニーテールかわいい 関西弁かわい過ぎる」

同ドラマは当初、主演の石原以外に他のキャストはしばらく発表されなかった。その後に西野が出ることが発表されたのだが…。

「西野は乃木坂出身では数少ない勝ち組といわれる存在。女性人気が高く、女性視聴者の取り込みを狙ったのでしょう。一方、彼女はバスト78センチという、今ハヤりの〝Aカップ微美乳〟。院内薬剤師として着用している薄水色のユニフォームに〝ソレ〟が映えまくりで、微美乳マニアの男性視聴者も大いに見込んでの抜擢だと思われます」(アイドル雑誌ライター)

西野が演じる新人薬剤師のくるみは、髪をポニーテールに束ね、関西弁を話す。それでいて〝微美乳〟映えのユニフォームとなれば、明らかに男性視聴者を意識していると言えるだろう。ネット上には、

《お勤めの病院はどこですか?》
《ポニーテールかわいい 関西弁かわい過ぎる》
《ちぃぱいかわいいなーちゃん たまりません》
《西野さんたくさん出番見たいです。石原さんお願いします》

などといった〝狙い通り〟の声が上がっていた。

「西野が女性にも人気なのは、実は〝おブス系〟だからという説があります。働き疲れたOLみたいなショボさがいいのだとか。それでいて男性からは〝かわいい〟を連発されるのですから、このドラマで石原以上の評価を得るかもしれませんね」(前出のテレビ雑誌編集者)

何はともあれ、次回以降は西野と石原のセクシーシーン対決にも期待しよう!

 

【あわせて読みたい】