電撃復帰の小室哲哉にツッコミ殺到!「ほとぼり冷めたらシレッと復活」

(C)まいじつ

アイドルグループ『乃木坂46』の新曲『Route 246』を、音楽プロデューサー・小室哲哉氏が手掛けることが分かった。小室氏といえば、引退宣言で一線を退いていただけに、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。

小室氏は2018年、通院していたクリニックで親密になったシングルマザーの看護師を自宅に招き、ともに過ごしていたと一部週刊誌で報じられた。その直後に行った会見で「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と表明していたのだが…。

「しかし、6月に秋元康氏がプロデュースを務めるラジオ番組『TOKYO SPEAKEASY』(TOKYO FM)に出演した際、作曲する意欲について聞かれた小室氏は『願わくばオリンピックやパラリンピックが無事成功して、ちょっと日本が落ち着いてから考えようかなと思っていたけど、それが何か全部早回しみたいになって…。そこで僕の気持ちもガラッと変わったのかもしれない。このままのんびりしている場合じゃないかなって』などと、心境の変化を告白していました」(芸能記者)