フジモンへの“質問制限”に怒りの声!「あまりにも勝手過ぎる」

藤本敏史 

(C)まいじつ 

芸能界を電撃引退した木下優樹菜の元夫『FUJIWARA』藤本敏史が7月16日、アマゾンプライムビデオの番組宣伝イベントに登場。イベント終了後に取材が行われたのだが、〝ユッキーナ〟がNGワードだったため、ネット上で物議を醸している。

「新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、この日の質疑応答はリモートで行われました。取材陣が藤本に聞きたいのは、やはり元妻の木下のこと。しかし、主催者側が割って入り、『当番組に関連した質問に限らせていただきます。最悪の場合、主催者の判断で音声ミュート、強制退出の処置を取る場合があります』と通達。対面取材であれば、あの手この手で木下の話を引き出す駆け引きも可能ですが、オンライン上では、主催者側が退場ボタンを押せばその場で終了です。さすがに木下絡みの質問をするリポーターは現れませんでしたね」(芸能記者)

 

姑息な手を使う主催者とフジモンに厳しい声

コロナ時代の新しい取材方法にマスコミが四苦八苦する中、ネット上では藤本やイベント主催者に対し、

《引退したから今までのことには触れるなって勝手過ぎるだろ》
《元嫁は一般人になったから質問には答えない。マジでムシが良過ぎる》
《何で元嫁の名前を出したら退場になるんだろ。フジモンにはもう関係ない人だし、関係ない話。だから偽装離婚だって言われるんだよ》
《一般人になったからという理屈で言えば、ほとんどの事件、事故が取材NGになると思います。報道の姿勢として、それが正しいのか疑問》
《それだけ強くけん制するなら、藤本自身も木下ネタ、離婚ネタは一切封印してほしい。自分ではネタにするけど周りがイジるのは禁止じゃ、あまりにも勝手過ぎる》

など、非難の声が上がっている。

現在発売中の『女性セブン』には、所属事務所から不倫交際について問いただされた木下が「じゃあ芸能界やめます。事務所もやめる。もう一般人なんで、結婚させてもらいますから!」と啖呵を切ったことが報じられている。

過去に散々世間を騒がせてきた〝元有名人〟の木下が、今後〝一般人〟としてどうガンバっていこうとしているのか。元夫の藤本には最低限の説明責任があると思うのだが…。

 

【あわせて読みたい】