巨大エイリアンから“日本最凶”の心霊スポットまで…「オカルト」ニュースランキング

(C)Andrii Vodolazhskyi / Shutterstock

エイリアン、心霊現象、伝説のUMA…。ホントかウソか分からぬままに、好奇心を刺激してやまない不思議な現象たち。旬の話題をお届けする『まいじつ』に掲載された中から、記者が選りすぐった〝オカルト〟ニュースをご紹介します(7/15配信まで集計)。

1位 身長3メートル以上の「女性エイリアン」がロシアのクレムリンに!

身長3メートル以上の「女性エイリアン」がロシアのクレムリンに!

2位 大丈夫か…日本地図から消された『最凶集落』の映画化に心配の声

大丈夫か…日本地図から消された『最凶集落』の映画化に心配の声

3位 「ネッシーはいなかった…」最終結論の2週間後に現れた首長竜に仰天!

「ネッシーはいなかった…」最終結論の2週間後に現れた首長竜に仰天!

4位 世界が注目!ブルガリア『盲目の予言者』が2019年を予言していた

世界が注目!ブルガリア『盲目の予言者』が2019年を予言していた

5位 4932年からの『タイムトラベラー』が明かした「アメリカ大統領」の暗殺

4932年からの『タイムトラベラー』が明かした「アメリカ大統領」の暗殺

6位 タイムトラベラー『2045年の未来』を動画で撮ってきた男

タイムトラベラー『2045年の未来』を動画で撮ってきた男

7位 テレビで検証された“座敷わらし”の存在が「リアル過ぎる」と話題に

テレビで検証された“座敷わらし”の存在が「リアル過ぎる」と話題に

8位 「ロンギヌスの槍」か?米軍が密かに開発する超兵器の正体

「ロンギヌスの槍」か?米軍が密かに開発する超兵器の正体

9位 西暦3311年から『証拠写真3枚』を持ち帰ったタイムトラベラー

西暦3311年から『証拠写真3枚』を持ち帰ったタイムトラベラー

10位 地球を監視し続けている『地球外人工衛星』ついにその存在が明らかに!

地球を監視し続けている『地球外人工衛星』ついにその存在が明らかに!

11位 最恐最悪の都市伝説「ひとりかくれんぼ」再び流行の兆し…

最恐最悪の都市伝説「ひとりかくれんぼ」再び流行の兆し…

12位 《閲読注意!》200年前にあったホンモノの「八つ裂きの刑」とは

《閲読注意!》200年前にあったホンモノの「八つ裂きの刑」とは

13位 《閲読注意!》昔の中国の極悪人処刑方法「凌遅刑」がオゾマシ過ぎる!

《閲読注意!》昔の中国の極悪人処刑方法「凌遅刑」がオゾマシ過ぎる!

14位 2029年に人類滅亡?凶星『アポフィス』地球衝突に備えた計画?

2029年に人類滅亡?凶星『アポフィス』地球衝突に備えた計画?

15位 超有名タイムトラベラー『ノア』が衝撃の告白!「全部ウソでした」

超有名タイムトラベラー『ノア』が衝撃の告白!「全部ウソでした」

16位 エヴァの使徒襲来が現実化? NASAが警告する「極小宇宙人」の恐怖

エヴァの使徒襲来が現実化? NASAが警告する「極小宇宙人」の恐怖

17位 「2028年に地球外生命体の存在が公になる」と明かしたタイムトラベラー

「2028年に地球外生命体の存在が公になる」と明かしたタイムトラベラー

18位 前澤社長もビックリ!?「月の裏側」でエイリアンにレイプされた女の証言

前澤社長もビックリ!?「月の裏側」でエイリアンにレイプされた女の証言

19位 西暦2030年からのタイムトラベラーが語る『デスノート』の実現!

西暦2030年からのタイムトラベラーが語る『デスノート』の実現!

20位 UFOが“生放送中”の『ニュース番組」に出現して司会者も大興奮!

UFOが“生放送中”の『ニュース番組」に出現して司会者も大興奮!

 

〝日本最凶〟の心霊スポットが映画の舞台に…

1位に選ばれたのは、身長3メートル以上の「女性エイリアン」にまつわるニュース。2017年12月、ユーチューバーのイゴール・クライアン氏が『ネフィリウム・ノルディック女性』という動画を投稿。ネフィリウムとは旧約聖書に登場する巨人で、ノルディックとは北欧という意味ですが、UFOマニア界では、金髪、色白、長身の北欧人のようなエイリアンのことを指すことがあるそうです。

投稿された動画は、ロシアの首都・モスクワ市の中心にある宮殿・クレムリンで撮影されたもの。エイリアンのコスプレをしたような長身で細身の女性2人が歩いているところが映っており、驚くべきことにその身長は3メートルを超えるほど!

UFO研究家の竹本良氏は「これまでノルディックおよびトールホワイトと呼ばれるエイリアンは、身長が2メートル以上で、色白の北欧系タイプといわれてきました。なぜか地球人の服やチタニウムを収集し、米国の軍人を月基地に連れて行ったりしているというウワサもあります。しかしイゴール氏が投稿した動画は、身長が2メートルどころか3メートル以上はあり、しかも肌も色白どころか浅黒いのです」と指摘。

続けて、「2人の女性エイリアンはスカートをめくりながら登場していますが、あまりに背が高いので、脚に底上げする何かが装着されていると考えられ、国内安全担当の警部補にスカートをたくし上げるよう指示されたのでしょう。だが、女性の足元を見ると、12~13センチのハイヒールを履いているのみ。するとここへロシア連邦保安庁の大佐が訪れ、『十分なクリアランスがあるのでチェックなど必要ない! 即刻お通ししろ』と命令したようですね。彼女たちはこうしてクレムリンに入っていったという誠に不思議な動画です」と語っています。

2位に選ばれたのは、福岡県にあるとされる〝日本最凶〟の心霊スポット『犬鳴村』にまつわるニュース。日本地図からその存在が抹消された村としてオカルトファンの間では伝説になっていますが、2018年、その犬鳴村がホラー映画の第一人者・清水崇監督により映画化されることが決定しました。

「ネット上には肝試しに行った後に身体に不調をきたした人の話や、心霊現象にあったという話がまことしやかに囁かれています。実際に多くの悪霊が浮遊していて、好奇心や興味本位で訪れるのは絶対にやめた方がいいでしょうね。また、夏場になると地元の暴走族がたむろっていることもあり、むしろ悪霊に取り憑かれる以上のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。残虐な焼殺事件がまた起きるようなことがあってはならないのです。正直、映画化のような娯楽性のある話とは相いれません」(オカルト誌ライター)

ほかにもさまざまな言い伝えやウワサが広がっているようで、「すべての携帯電話が圏外になる」「フロントガラスをいきなりたたかれ、残った手形がなかなか消えない」「取材中の霊能者が突然体調不良になり、中継がキャンセルになった」「車に乗っていた人が突然笑いだし、そのまま精神病院に入院した」など、どれもシャレにならない話ばかり…。

その後、清水監督による映画『犬鳴村』は、三吉彩花主演で無事に完成にこぎ着け、2020年2月に公開されました。

今後、どんな〝オカルト〟ニュースが世間を騒がせるのでしょうか?

 

【画像】

Andrii Vodolazhskyi / Shutterstock

【あわせて読みたい】