『タカトシ』“ロケ自粛”を嘆くも疑問の声「やりたくないくせに…」

タカアンドトシ 

(C)まいじつ 

7月16日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)に出演した『タカアンドトシ』が、〝言っていることとやっていることが違う〟などと、視聴者の批判を浴びてしまったようだ。

同日放送されたのは「ロケ行きたい芸人」。新型コロナウイルスの影響で外ロケが行えなくなってしまった現状を嘆きつつ、「大変だけど今思えば楽しかったロケ」や「今ロケに行ったらしたいこと」などを語っていった。

ゲストには「タカトシ」の他、『ずん』飯尾和樹、『ロッチ』中岡創一、『麒麟』川島明らが出演。4月以降ロケがすべてなくなったという飯尾は「空を見上げて飛行機雲を見ただけで涙が出てくる」とポツリ。「タカトシ」も「大変だけど今思えば楽しかったロケ」を振り返り、「『帰れマンデー見っけ隊!!』(同系)は、やっているときはずっと歩いてつらかったけど、自然から見える街並みはキレイだった」「全員で食事ができないから、今の『帰れま10』(同系)は1人で食べているだけでつまらない」など、平和だった日々のロケに思いを馳せていった。


 

「タカトシなんてロケやる気ねーじゃん」

懐かしそうにロケの思い出を語り、いち早い再開を恋しんだ「タカトシ」。しかし、ネット上には、

《タカトシの散歩番組は感じ悪い》
《タカトシなんてロケやる気ねーじゃん》
《ぶらサタのタカトシはどっちもクソ過ぎる》
《タカトシって2人とも人見知りしそうで実際ロケ先の人たちにめちゃくちゃ無愛想なのに》
《タカトシの北海道だかの町ぶら番組、無関係の地方でもやってるけど全く面白くないんだよなあ》

などと、厳しい声が続出。自粛を惜しむように語る割に、番組内のロケ態度は楽しそうに見えないようなのだ。

「タカトシは『サンドウィッチマン』と交代で『帰れマンデー』に出演していますが、ネット上では『タカトシ』のターンはハズレ回だと有名。その大きな理由がロケ中の態度であり、地元の方への接し方や長時間歩くことへの愚痴が批判されています。また、『ぶらぶらサタデー タカトシ温水の路線バスの旅』(フジテレビ系)にはさらに辛らつな意見が飛び交っており、店員を急かす、バスに間に合わず走る、温水洋一に支払いをさせるといったお決まりの流れは大不評。番組の実況をする某ネット掲示板は、毎回アンチが湧くカオスな状態と化していますよ」(テレビ誌ライター)

ロケの自粛に直面したことで、その楽しさに気付いた様子の「タカトシ」。ロケ再開からは、不評を浴びている態度が改められるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】