『Mステ』『めちゃイケ』も前科が…ヤラセ疑惑で大炎上したテレビ番組

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

『テラスハウス』や『ザ・ノンフィクション』など、フジテレビ系のドキュメンタリー番組でヤラセの告発が相次いでいる。

「テラスハウス」に関しては、逝去した木村花さんの母親が7月2日発売の『週刊文春』誌上で告発。大炎上した〝コスチューム洗濯事件〟にて、木村さんが同居人だった小林快さんをビンタするよう、スタッフが促していたという。

また7月8日付の『文春オンライン』にて、小林さんも実名で告発。番組内のデートについて、番組ADから「オッパイとか触ったら?」と提案されたなどと明かし、《スタッフが求めているのは恋愛とハプニング。そしてSNSでの炎上を狙っていた》と、ネット炎上を意図的に狙った〝ヤラセ〟があったと証言している。

「ザ・ノンフィクション」に関しては、『週刊女性』7月21日号で出演者が実名告発し、《やらせ、ねつ造、仕込み、はめ込みのオンパレード! ノンフィクションではなくてザ・半フィクションと呼んでいます》と怒りを訴えた。

数々のヤラセ疑惑に視聴者からは怒りの声が噴出しているが、このテレビの体質は今に始まったことではない。

 

『めちゃイケ』と『Mステ』にもヤラセ疑惑が…

例えば、同じくフジテレビ系の『めちゃ×2イケてるッ!』。さまざまなハプニング性がウリの番組だったが、実はほとんどに台本があったという。2018年11月放送の『ジンギス談!』(HBC北海道放送)で、『よゐこ』濱口優が「『めちゃイケ』ってビックリするほど一言一句決まっている」「超台本やねん。めちゃくちゃ台本ぶ厚い」などと暴露していた。同番組の看板タレント・岡村隆史が〝台本芸人〟と揶揄されるのは、こういったことが原因であるようだ。

少し小さなヤラセ疑惑として、『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)も話題になったことがある。16年9月放送回で、街頭インタビューで〝影響されたアーティスト〟を聞いていく企画があったのだが、インタビューを受けてテレビでオンエアされたという女性が、ツイッターにて告発。本当は「しょこたんです!」と答えたのだが、「撮り直すので、きゃりーぱみゅぱみゅって言ってください」と指示され、その回答が放送されたというのだ。

何度炎上しても同じ過ちを繰り返すテレビ。いつまで「〝ヤラセ〟ではなく〝演出〟」で押し通すつもりだろうか。

 

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock

【あわせて読みたい】