生存確率1%! 神木隆之介、天海祐希… 大病から回復した芸能人たち

神木隆之介 

(C)まいじつ 

昨年12月に悪性リンパ腫で入院し、4月末に退院した元フジテレビのフリーアナウンサー笠井信輔。6月8日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)にリモート出演した際には、自身の病状がステージ4であり、一時は死を覚悟したことを告白した。

さらに後日、ブログで、

《内蔵がんの場合のステージは5段階ありますが、悪性リンパ腫(血液のがん)の場合、ステージ4段階です。つまり私は最高レベルの進行度だったのです》
《がんと闘っている皆さん! 悪性リンパ腫、最高ランクの『ステージ4』を私は今、乗り越えることができました》
《私に起きたこのうれしい事実は、きっとたくさんのみなさまにも起こる事実に違いないと、信じています》

などとつづっている。

奇跡的な回復を果たした笠井だが、芸能人の中にはこのように大病を乗り越えて活躍している人が多くいる。

 

今の神木君を応援できることは奇跡!

俳優の神木隆之介は、赤ちゃんのときに生存確率1%という大病を患ったと明かしている。

消化器系の感染病でミルクを飲むことすらできず、2カ月もの間、危篤状態だったという。2007年に映画『遠くの空に消えた』の舞台あいさつに登壇した際、映画の内容にちなんで「奇跡を信じますか?」と問われると、「信じます。僕は赤ちゃんのころにすごく重い病気にかかって重体になったけど、奇跡的に助かりました」「お母さんが事務所に応募して、それがきっかけで、今こうしてここに立てていると思うと、『奇跡だなぁ』と思うので」と語っていた。

13年には、女優の天海祐希が入院。健康的なイメージであった彼女の突然の発表に、世間は大きくザワついた。

「このとき、天海は舞台に出演していたのですが、ある日の終演後に身体のダルさを訴えて病院へ。診断の結果、軽度の心筋梗塞と判明し、そのまま10日ほどの入院が決定されました。幸い、天海は1週間での退院となりましたが、舞台は降板し、宮沢りえが代役を務めました」(芸能記者)

〝替えが利かない〟と、ついつい無理をしてしまいがちな芸能人だが、くれぐれも身体には気を付けてほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】