美乳女優・宮島小百合の“グラビア進出”に総ダチ! 必見の水着姿

舞台を中心に活動する女優・宮島小百合が、グラビアの才能を開花させ、ブレークの兆しを見せている。

宮島は高校生だった2012年に初舞台を踏んで以降、さまざまな劇団が主催する作品に数多く出演。毎年複数の作品へ定期的に出演を果たしており、稽古を含めると年間のほとんどを舞台活動に費やしている。

昨年1月のフリーランス転向後もオファーは途切れず、舞台女優として順調な実績を積んでいた宮島。しかし、今年に入ってからはグラビアという新たな活動に身を投じ、動画映えする次世代アイドル発掘プロジェクト『ミスジェニック2020』にエントリーした。

すると、これまで秘めていた才能が花開き、2位通過で「ミスジェニック2020」に選出される快挙を達成。意外な適正を明らかにし、見事にグラビアという新境地を開拓したのだった。

 

封印を解いた宮島小百合に期待!

本人も、舞台女優とは違った才能を評価してもらえたことをかなりうれしく感じているよう。選出後に更新したブログではファンへの感謝と喜びを爆発させ、表彰式のコメントでは「水着での活動、役者での活動どちらも頑張っていきたいと思います」との意欲を見せていた。

「宮島は2013年の『日テレジェニック』にもエントリーしていたのですが、こちらは脱落が早かったため、本格的なグラビア活動は今回が初めてと言っていいと思います。垢抜けた彼女は大人の女性になり、手足が長くスラリとした体型、くびれたウエストや程よいバストなど、選出も納得の逸材に成長しましたね。女優が本業かもしれませんが、DVDなどで本格的なグラビア活動をしても人気が出ると思います。これまで水着の仕事をしてこなかったのがもったいないくらいですよ」(グラビア雑誌編集者)

秘めたる才能が花開いたことで、今後1年間は「ミスジェニック2020」のメンバーとしても活動していく宮島。演技とグラビアの〝二刀流〟で、メジャーリーグ・大谷翔平顔負けの活躍を期待したい!

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】