中居正広が『嵐』大野智に“マジギレ”? テレビ視聴者騒然の舞台裏

大野智  中居正広

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

7月18日放送の『音楽の日』(TBS系)で、総合司会の中居正広と『嵐』が往年の〝名コント〟を繰り広げた。しかし、ネット上には「中居が本気で怒っている」と勘違いする視聴者の声が散見される事態に…。

同コントの起源は、同じくTBS系で放送され、中居と『とんねるず』石橋貴明がダブルMCを務めていた音楽バラエティー『うたばん』にまでさかのぼる。

「同番組では『嵐』の出演時、リーダー・大野智が石橋の入れ知恵によって『大人げねぇよ中居』『今度中居にもおごってやるよラーメン』などと中居を小馬鹿にし、激怒した中居をメンバーが止めるという〝お約束〟が存在していました。一連の流れは『下剋上コント』などと呼ばれ、ファン以外の一般視聴者からも『面白い』と大人気。同シーンをまとめたVTRは何度も放送されており、一種の〝人気コーナー〟でした」(テレビ雑誌ライター)

2010年の同番組終了後も人気は根強く、「嵐」と中居が共演する際には、このコントを望む声がSNSに殺到するほど。昨年の「音楽の日」でも、中居が「嵐」の活動休止に触れると、大野は「お前が休め」と返答。今ではめったに見られなくなった名コントの復活に、ファンは沸き立っていた。

 

久々「下剋上コント」を真に受ける視聴者続出…

そんな人気のくだりは今年も行われ、中居は「嵐」メンバー1人1人に意気込みを質問。ラストの大野には「いろんな人の歌を聞いて、自分も元気をもらうと同時に、僕も久しぶりに歌ってみようかな?って思っちゃったんですよ。大野くんどうでしょうか?」と丁寧なネタ振りをし、大野が「お前は歌うな」と指を差して発言。見事にオチをつけると、怒った中居を「すいません」「怒んないでください」とメンバーがなだめる〝お約束〟となった。

中居はその後も「アイツ『お前は歌うな』っつったんですよ?」と怒ったフリをし、ともにMCを務めた安住紳一郎アナウンサーは「これは昔『うたばん』とかでやってたお決まりのパターン(笑)」などと解説。このくだりを知らない視聴者のために補足をしたのだが、なんとネット上には、

《中居くん、今マジで怒ってた…?》
《嵐のさ大野君と中居ってあれマジギレ?》
《中居めっちゃキレてんじゃん》
《独立したからもう先輩じゃないってか》
《中居ガチギレやな。大野、失礼じゃないか》
《嵐の大野君に中居さんマジギレしてませんでした?》

などの声が。言ったそばからコントを真に受ける視聴者が続出してしまった。

人気のくだりとはいえ、「うたばん」の終了からは早10年。〝10年ひと昔〟と言うように、これがコントだと知らない者も増えてしまったのだろう。

 

【あわせて読みたい】