『音楽の日』リトグリに猛反発!「Heroは安室ちゃん以外が歌っちゃダメ」

(C)Djomas / Shutterstock 

7月18日に放送された『音楽の日 2020』(TBS系)に、女性ボーカルグループ『Little Glee Monster』(以下、リトグリ)が登場。誰もが知る名曲をカバーしたのだが、ネット上では激しい反発の声が上がってしまった。

同番組は中居正広と安住紳一郎がMCを務める音楽特番。10回目の放送となる今回は「日本の元気!」がテーマとなっており、終盤では「日本に元気を与えてきた名曲リレー」というコーナーが放送された。ISSAが尾崎豊の『僕が僕であるために』、三浦大知が井上陽水の『少年時代』を熱唱して場を盛り上げた後、満を持して登場した「リトグリ」。そこで披露された楽曲は、2018年に引退した安室奈美恵さんの代表曲『Hero』だった。


同曲の作詞・作曲を手掛けた音楽プロデューサー・今井了介氏のピアノ伴奏に合わせ、5人のメンバーは美しいコーラスを披露。感動的なムードに包まれながら出番は終了したのだが、一部の安室ファンからは、

《ごめん、Heroは安室ちゃんじゃなきゃ無理だ…》
《Heroは安室ちゃん以外歌っちゃダメだよ…。何十年もたって、安室ちゃんが亡くなった後ならいいけど》
《Heroはリトグリにカバーしてほしくなかった。安室ちゃんの歌は誰にもカバーしてほしくない》
《リトグリごときが安室の名曲を歌うのは100年早いよ》
《安室ちゃんの曲をリトグリなんかに歌ってほしくなかった。ハモリ下手くそ過ぎ!》
《安室奈美恵の歌唱力が異常過ぎるせいで、薄っぺらく聞こえちゃうね》
《やっぱり安室ちゃんの曲は安室ちゃんじゃないとダメなんだよ》

など、凄まじい〝拒絶反応〟が巻き起こっている。

 

安室ちゃんの『Hero』は時代に名を残す1曲

「『Hero』は安室ファンにとって、最も思い入れの強い曲の1つです。最後の出演となった『第68回 NHK紅白歌合戦』で披露した曲であり、18年のファイナルツアーでも1曲目の〝つかみ〟として使用されていました。安室の大ファンとして知られるイモトアヤコが、引退発表を受けた際にインスタグラムで『安室ちゃんは何があろうとこの先もずっとわたしにとってのHeroなのです』とつづっていたことも記憶に新しいですね。それくらい特別な曲だからこそ、カバーされたことに反発が起きてしまったのでしょう」(芸能ライター)

とはいえ、「リトグリ」のパフォーマンスを評価する声も少なくない。番組の放送終了後には、ピアノ伴奏を担当した今井氏がツイッター上で《リトグリさんから奈美恵ちゃんへのリスペクトもあってこそ、、、のコラボだったかと思います!》《こうやって曲が歌い継がれていく素敵さ、あらためて感じました》などと称賛。ちなみに同番組の瞬間最高視聴率は、リトグリが『Hero』を披露している場面だったという。

何はともあれ、どれだけリスペクトが込められていたとしても、『Hero』はいまだ安室ファンにとって〝聖域〟となっているのかもしれない。

 

【画像】

Djomas / Shutterstock

【あわせて読みたい】