『ミキ』は1ツイート50万円!? 意外なところでギャラがバレた芸能人

小藪千豊 

(C)まいじつ 

バラエティー番組などで収入を暴露する芸能人は少なくないが、中には本人たちが意図していないところでギャラがバレてしまう人も。例えば昨年は、漫才コンビ『ミキ』などが行ったとされる〝ステマツイート〟のギャラが報じられていた。

当時公開された『京都新聞』の記事によると、京都市はツイート1回につき50万円支払う契約を吉本興業と結んでいたとのこと。実際に吉本所属の芸人たちが京都に関するツイートをしており、「京都国際映画祭」などのPRを発信していた。

同記事によると「ミキ」の2人はそれぞれ2回、合計4本ものツイートをしていたので、稼いだ額は単純計算で200万円。かなりおいしい仕事だが、「PR」を明記するような記載はなかったという。

そのためSNSなどでは、

《ミキがステマに加担するようなコンビだとは思わなかった…》
《これって宣伝としてはかなり問題があるのでは?》
《これはイメージが悪過ぎる》
《普通に案件としてツイートすればよかったのに、何でステマっぽくしたんだ?》

などと批判の声が。また「1ツイート50万円」という金額には、驚きの声が上がっていた。

 

厚生労働省が小籔千豊のギャラを暴露?

しかし「ミキ」などが行った〝50万円〟のツイートは、芸能人の案件としては安い方なのかもしれない。というのも以前、厚生労働省の啓発ポスターに小籔千豊が起用された際は、4070万円で契約していたのだという。ちなみに〝4070万円〟という金額は、野党の追求を受けた厚生労働省の局長が明言。小籔としては思わぬところで〝ギャラが暴露された〟ことになる。

後に小籔は『ABEMA Prime』(Abema TV)の放送内で、4070万円の内約を説明。ポスター1枚に支払われた金額ではなく、「CMの撮影」や「吉本芸人たちのPRイベント」、「メディアPR」など、さまざまな仕事込みで〝4070万円〟という契約だったそうだ。

その他『チュートリアル』徳井義実は、例の〝申告漏れ〟で年収をさらしてしまうことに。「7年間で約1億2000万円の申告漏れがあった」と報じられていたが、その内2000万円は〝経費〟として計上していた4年間の所得隠し。そして残りの1億円は、徳井が「一切を申告できていない」と語った3年間の申告漏れということになる。

そのため、ネット上では、

《1億を3で割ったら、徳井のだいたいの年収になるのでは?》
《つまり徳井の年収は大体3000万くらい?》
《3000万~5000万円の間くらいなんだろうな》

などと推測する人が続出した。

最近は「復活間近」などともいわれている徳井だが、彼の〝想像を絶するだらしなさ〟は改善されているのだろうか…。

 

【あわせて読みたい】