“リアル人気度”浮き彫り!? かなり悲惨な芸能人ユーチューバーたち

木下隆行 

(C)まいじつ 

近年、さまざまな芸能人がYouTube界隈に参入しているが、成功している人ばかりではない模様。中にはYouTubeに進出したことで、〝リアルな人気度〟が露呈してしまったケースもある。知名度が高い芸能人は有利のように思えるのだが、一体なぜ…。

例えば『TKO』の木下隆行。彼は今年4月から『木下プロダクション』というYouTubeチャンネルで動画投稿を始めたのだが、早くも数字が伸び悩んでいるようだ。

まず、チャンネル登録者は7月20日現在で1.54万人。そして動画の再生数は、5万回を下回るものも少なくない。しかし数字よりも悲惨なのがコメント欄。大抵の動画はファンが感想などを書き込んでいるが、彼のコメント欄は動画と関係のない話題、もしくはアンチコメントがほとんどを占めている。

「木下の場合は単純に人気がないだけでなく、〝アンチの多さ〟も目につきます。やはり〝パワハラ報道〟を認め、松竹芸能を退所した一連の騒動が尾を引いているのでしょう。それだけでなく、彼はユーチューバーになってからも、女性ユーチューバーの容姿を貶めるような発言をして炎上。現在進行形で敵を作り続けている印象です」(芸能記者)

しかし一見〝アンチ〟が少なそうな芸能人でも、ユーチューバーとして成功するのは難しいようだ。

 

YouTubeで人気が出ないベテラン芸能人

ベテランお笑いタレントの勝俣州和もユーチューバーとして活動しているのだが、テレビでの知名度とは裏腹に〝鳴かず飛ばず〟なのが現状。チャンネル登録者数は約7000人ほどで、再生回数も1万回を超える動画の方が少ない。

そんな勝俣といえば、以前『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で〝勝俣州和ファン0人説〟が取り上げられたことも。確かに彼のことを大嫌いな人は少ないと思うが、同時に「勝俣が一番好き!」という熱心なファンもいないイメージだ。この〝ファン0人説〟には勝俣本人もYouTubeで言及しており、「ロケに行ったら人は集まってくれるんですけど、『きゃー!』っていう歓声は聞かない」と納得した様子。〝いかに動画を見てくれるファンを取り込むか〟で勝負するYouTubeには、あまり向いていないのかもしれない。

そんな勝俣は最近『SMAP』に関する動画を連発し、再生回数を稼いでいる様子。これまでの彼の芸風のように、やはり何かに〝寄り添う〟ことをしないと厳しいのかもしれない。

また、勝俣のようなベテランはいわゆる〝昔の人〟で、若者が多いYouTubeの視聴者層とは合わない可能性も。例えば『たけし軍団』の一員としてもおなじみ、ダンカンのYouTubeチャンネルを見てみると、登録者数は1000人未満という、とても悲惨な状態が続いている。

プロとしてテレビ番組に出演してきた彼らだが、〝テレビに守られてきた〟という側面もあるのだろう。一歩外に出て戦いの土俵が変わったら、そこに待っているのは〝現実〟に他ならない。

 

【あわせて読みたい】