氷川きよし“美しき容姿”に騒然…「どこのお姉さん?状態w」

氷川きよし 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

〝路線変更〟が注目を浴びて再ブレーク中の歌手・氷川きよしが、7月18日放送の『音楽の日』(TBS系)に出演。中性的な容姿にますます磨きがかかったと、視聴者の話題を集めた。

氷川が最初に登場したのは、夕方ごろに行われた「全部歌える!日本に元気をくれたアニソンリレー!」のコーナー。同リレーでは『ドラゴンボール超』(フジテレビ系)の主題歌として2017年にリリースされ、今や自身の代表曲にもなっている『限界突破×サバイバー』を披露した。

リレー形式でのパフォーマンスとなったため、氷川は『WANDS』のパフォーマンス終了と同時に登場。スタジオセットの階段を颯爽と降りてきたが、その歩き方はまるでモデルウオークのよう。立ち振る舞いは堂々としており、凛とした美しさを放っている。

その後はカバーメドレーにも登場し、『MONGOL800』の『小さな恋のうた』を披露。先ほどと打って変わったタキシード衣装で熱唱したが、男性的な衣装とは対象的に、肌ツヤやメークが美しさに拍車を掛けている。


 

氷川きよしの中性的な顔に視聴者驚愕

もはやそこにいるのは〝演歌歌手・氷川きよし〟ではなく、自身も用いている愛称〝きーちゃん〟そのもの。ネット上には、視聴者からの、

《氷川きよしの顔が変わり過ぎちゃって、どこのお姉さん?状態w》
《氷川きよしめっちゃキレイなお顔立ちをしている》
《こんな顔だっけか…》
《顔どしたっ??》
《あっ氷川きよし~ 顔きれいだよね》

などといった驚きの声が上がっていった。

「ここ最近の氷川は、確かに美しさに磨きがかかっています。日常をつづったインスタグラムは、世の女性がうらやむほどの『美』と『女子力』が爆発。今や〝歌手の氷川きよし〟ではなく、素の人格である〝kii〟のファンの方が多いのではないかと感じるほどです」(芸能記者)

自分らしさをさらけ出した上、再ブレークも果たすことができた昨今の氷川。今後は「きーちゃん」としての活躍にも要注目だ。

 

【あわせて読みたい】