『ボンビーガール』物件探しの女性に違和感「履いてないの…」

(C)pathdoc / Shutterstock 

7月21日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の人気企画「上京ガール」で、女性の内見時のある姿にツッコミが相次いでいる。

この日登場したのは、過去に都内の大学に通いながらアイドル活動をしていたという女性。地元に戻ってリモート授業を受けていたが、再び上京することにしたという。「都心に近い方がいい」とし、明大前駅近くで家賃5.5万円以下、バス・トイレ別、オートロックの物件を希望した。

初日、不動産業者は明大前を通る京王線沿いの物件を紹介。高幡不動、多磨霊園の物件を内見した。女性は両方の物件でスリッパをはき、トイレやバスルームを散策。ただ希望条件とズレがあり、他物件を探そうと翌日、別の不動産業者を当たることに。

 

不動産業者がスリッパを忘れた?

翌日、聖蹟桜ヶ丘駅近くの物件で、女性は風呂の浴槽に入り、満足げに足を伸ばしたが、その足にスリッパはなかった。その後トイレ、リビングにも足を踏み入れたが、女性はストッキングこそはいていたものの、裸足のままで物件内を歩き回った。

結局、女性は京王線沿いの別の駅に近い、6月にリノベーションを施したばかりの物件に決定。ここではスリッパを脱いで浴槽に入る様子が映っていた。

聖蹟桜ヶ丘の物件でだけ裸足だった女性に視聴者は違和感を持った様子。不動産業者が持ってくるべきスリッパを忘れたのではとの指摘もあった。

《今日のボンビーガール、ストッキングの可愛い子だった。スリッパ履かずにストッキングの足で内覧していて》
《あとスリッパ履いてないの気になる》
《物件とはいえトイレに裸足で入り、ズボンの裾床についてるのまじきたねぇ》
《内見するのに裸足…?》
《ボンビーガール、裸足で内見って…不動産屋さんが忘れたのかもれんけど》
《内見するのに裸足wなんか気になる》

細かいところでも気になる人は多いようだ。

 

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】