吉岡里帆を超える!? 色白スレンダーアイドル・狐々ちーりんに大注目!

狐々ちーりん 

(C)まいじつ 

女優の吉岡里帆がキツネに扮し、「かわい過ぎる」と大反響を集めたカップ麺のCMキャラクター・どんぎつね。現在のアイドル界にも、どんぎつねに負けず劣らずの魅力的な〝キツネ〟が存在しているようだ。

彼女の名は狐々(こんこん)ちーりん。和とEDMの融合をコンセプトに、動物寸劇までかけ合わせた異色グループ〝戦極(せんきょく)〟こと『戦国アニマル極楽浄土』のメンバーだ。

クールビューティーな雰囲気は美人そのものであり、白くきれいな肌に黒髪が栄えるルックスは、さながら〝大和撫子〟といったところ。一方、「趣味は全国の神社を回って家族に会いに行くこと」と、キツネらしい面も持ち併せている。

作り込まれた世界観はセクシーさと無縁に思えるが、今年1月にはメンバー全員でグラビア誌『グラビアプレス』に出演して水着姿を披露。これが初のグラビア挑戦だったようだが、きれいな色白肌にスラリとした手足、程よいボリューム感の胸で、初めてとは思えないフォトジェニックなオーラを放っていた。


 

クールな見た目とギャップのあるかわいらしさ

その神々しいまでのオーラは、ファンからも、

《もっとこういうの見たい いい体してますな~》
《目のやり場がァっ!》
《えっちーりんだな》
《す、すごいドキドキが止まらん》
《眼福とはまさにこのこと!》

などと大好評。こうした好評を受けてか、グラビアオーディション『ミスFLASH 2021』にエントリーすることとなった。

狐々は前回同様、メンバーカラーにちなんだ赤いビキニを着用。さらに今回はキツネの耳も着け、PR動画では「コンコンポーズ」を決めるなど、徹底的に〝キツネ〟を押し出した。しかし、自分で言いながら恥ずかしくなったのか、ポーズの前後には思わず照れ笑い! クールな見た目とギャップのあるかわいらしさを見せつけている。



「歌って踊ってが本業のようですが、身長162センチ、上から78・59・85のスレンダーボディーは魅力満点。白くてきれいな肌もグラビア映え抜群ですし、これを機にもっと挑戦してほしいですね」(アイドル雑誌ライター)

見事にオーディションを勝ち抜き、吉岡を越えるキツネ美女として有名になるかも!?

 

【あわせて読みたい】