あいのり・桃の“妊活編”ブログに批判「病院で一緒になりたくない」

(C)pathdoc / Shutterstock 

恋愛バラエティー番組『あいのり』(フジテレビ系)に出演していたブロガー兼タレントの桃が7月22日、自身のブログを更新。妊活の検査を受けたことを明かした。

桃は《今日、婦人科で、とっても痛いとネット上でウワサの、「子宮卵管造影検査」を受けてきました》と報告。続けて《3カ月くらい前から、「今回ダメだったら、痛いらしいけど、次受けてくるね!!」って言ってたのに、「いや、来月だったら普通に妊娠できるかもしれない」とか思って、若干避けてきました でも、早いうちにやれることはやらないともったいない!と思って、いよいよ受けることを決心(他の検査はほとんどすでに済ませてます!)》と、検査の経緯をつづった。

また《昨日の夜、「明日受けてくるよ…!!」と彼に言ったら、「がんばってね…!!!!!」だけじゃなく、「(僕たちのために)ありがとう」って言ってくれたんです》とのやり取りを明かし、《それがすごくうれしかった》とノロケた。

彼女の報告に、コメント欄には、

《旦那さま本当に素敵です! 頑張ってください》
《私も卵菅造影やりましたよ。そこから2カ月タイミング法で授かることができて、もう少しで出産です》
《桃ちゃんのところにもかわいいベイビーが来てくれますように!》

などのエールが送られた。

 

アクティブな桃に心配と批判の声…!

しかし桃は、新型コロナウイルスの感染拡大が再び広がりを見せる中、直前の19日にボイストレーニングやカラオケに行ったと報告。そんな生活をしている中で病院へ行ったことに対し、

《現在妊婦ですが、申し訳ないけど、これだけあちこちに出歩いている人と病院で一緒になりたくないです。私たち妊婦は病院に行くことも命懸けなんですよ》
《情報を発信することが仕事なら、もう少し周囲の状況に気を使えよ。誰かを傷つけてしまうこともあるんだぞ》
《ブログがウエディング編から妊活編になってる。本気で不妊治療に取り組むなら、ネットの情報なんて鵜呑みにしてる場合じゃないだろ》

など、非難の声も殺到している。

ゴルフ、ボイトレ、カラオケ、外食とアクティブに活動している中での産婦人科での検査。熱心なファンですら、桃の報告に呆れるのは当然かもしれない。

 

【画像】

pathdoc / Shutterstock

【あわせて読みたい】