ジェネリック吉岡里帆!? 橘ひと美の美爆乳グラビアがキョーレツ過ぎ!

モデル・タレント・グラビアとマルチに活動する橘ひと美が、ここ最近で急速にブレークしている。

橘は今年1月に解散したアイドルグループ『uijin』に所属しており、以降は女優やモデルとして活躍。ファンの間では女優の吉岡里帆に似ていると評判で、昨年のハロウィーンでは、吉岡が『どん兵衛』のCMで扮していたキャラクター・どんぎつねのコスプレも披露していた。

すると、このコスプレがあらためて「そっくり」だと話題を呼び、年末には「どん兵衛」期間限定ストアのスペシャル店員も担当。4月には初のグラビア仕事も舞い込み、耳と尻尾を着けた「どんぎつね」風の水着で『ヤングマガジン』のページを飾った。

そして、直後の5月には『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』(フジテレビ系)の「顔だけそっくりさん」企画に登場し、知名度を加速度的に上昇させることとなる。


 

ジェネリック吉岡里帆が爆誕!?

こうした注目が影響してか、6月からは菜々緒や若槻千夏ら人気女性タレントが所属する『プラチナムプロダクション』へ移籍。7月には「ヤンマガ」のグラビアで再び反響を集めた他、8月下旬から放送予定の『ほぼ日の怪談。』(ひかりTV・dTVチャンネル・tvk)でドラマ初出演を飾るなど、快進撃を続けている。


ツイッター・インスタグラムのフォロワーもうなぎ上りで、勢いに比例するようにファンを増やしている橘。特にグラビアでは、本家・吉岡顔負けの美ボディーで、

《ちょっとエロくない?》
《えっ!セクシー過ぎる》
《目のやり場に困ってしまう》
《胸元のラインがとてもキレイで気になります》
《素直な感想=ご立派なモノをお持ちで…》
《これは拝んでしまうやつ!》

など、ノックアウトされる男が続出しているようだ。

後発医薬品にかけ、一部で「ジェネリック吉岡里帆」とも呼ばれている橘。グラビアを封印してしまった本家に替わり、新たな星となるかもしれない。

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】