『セブンルール』長濱ねるファンが厄介!?「番組好きにとって迷惑」

長濱ねる 

(C)まいじつ 

最近になって一部メインキャストに変更があった『セブンルール』(フジテレビ系)だが、新キャストの評判がいまいちな模様。キャスト変更直後から叩かれていた『クリープハイプ』尾崎世界観だけでなく、元『欅坂46』長濱ねるにも批判の声が上がるようになったという。

7月21日の放送では、新キャストの2人が番組に出演したことに関しての反響について言及。尾崎は実際にエゴサーチをしていたようで、「厳しい意見もあったんですけど、好意的に受け止めてくれる方も多い」と語っていた。また「長濱さんに比べて、尾崎は全然反響が無い」「全く触れられていない尾崎可哀想」などの声も見かけたのだとか。実際にツイッターなどでは、《長濱ねるが可愛かった》といった感想が多く書き込まれている。

しかし最近はそんなファンの好意的な声が、長濱にとって嬉しくない結果を招いている様子。というのも〝長濱ねるが可愛い〟といった趣旨の投稿があまりに多いため、純粋に番組を楽しんでいる視聴者からは、

《番組内容についての感想が見たいのに、長濱ねるファンのツイートのせいで拾えない》
《番組ハッシュタグがほとんどねるちゃんについてのツイートで埋まってる》
《長濱ねるのことは嫌いじゃないけど、番組のファンにとっては迷惑な存在》
《ファンのせいで長濱ねるが嫌いになりそう》
《“長濱ねる可愛い”コメントはもううんざり》

などの苦情が寄せられていた。

 

長濱ねるのアイドル時代の負の遺産?

「アイドルのファンはツイッターでの熱量が高く、これまでも多くのワードをトレンド入り〝させて〟きました。例えば『乃木坂工事中』(テレビ東京系)といった〝坂道シリーズ〟の冠番組は、そこまで視聴率が高い訳でもないのにトレンド入り常連。熱量が高いだけでなく、〝番組をSNSで実況する〟という文化が根付いているのでしょう。今の長濱は『欅坂46』を卒業しているため、アイドルではないと思いますが、アイドル時代からのファンも多い印象。結果として一般層の感想ツイートを、押し流す形になってしまったのではないでしょうか」(芸能記者)

新キャスト2人の中で〝マシな方〟と言われていた長濱だが、熱狂的なファンがまさかの足枷に。長濱本人は何も悪くないのだが、

《若林戻ってきて…》
《やっぱり若林がくだ巻いてた時の『セブンルール』が面白かった》
《キャスト変えてからどんどん悪い方向に向かってる》

と、『オードリー』若林正恭カムバックの声が一層強まっている。

ファンとして長濱の活躍を応援したいのであれば、今後は〝応援し過ぎない〟ことも重要になりそうだ。

 

【あわせて読みたい】