『ハケンの品格』ツッコミ殺到!“残業NG”のはずが…「定時過ぎてるw」

ハケンの品格 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

7月22日、篠原涼子主演ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の第6話が放送された。この回では、あの〝肝心な設定〟が変更されていると視聴者がモヤモヤしたようだ。

13年ぶりに復活した『ハケンの品格』の続編。一匹狼の最強ハケン社員・大前春子(篠原)が、食品商社『S&F』で営業企画課の課長になった里中賢介(小泉孝太郎)から13年ぶりに呼び戻され、再び同社で働くストーリー。

第6話では、宮部社長(伊東四朗)からの命令で、東海林(大泉洋)は会社の立て直しを任される。そして、社内で導入したAIの判断をもとに、自社ブランドの弁当を作る弁当屋『隅田フーズ』に目をつけた。

同社は昔ながらの日本の良さにこだわっているのがウリで、里中の肝いり。そのため東海林と里中は対立することに。結局、コストカットのためにS&Fは隅田フーズを切ることを決めた。しかし後日、隅田フーズは別の会社と組んで大きな成功を収める。一方で、リニューアルしたS&Fの弁当は評判が悪く、東海林はやりきれない表情を浮かべるのだった。

 

夜遅い時間にハケン社員の春子が…

番組終盤、夜遅くの誰もいない社内で、里中がAIの算出した〝リストラ〟に関するリストを見る。東海林が候補に入っていることに驚いていると、そこへいきなり春子が登場。これからの時代、クビを切られるのはハケンではなく社員だと告げるのだった。

この最終シーンを巡って、視聴者からはツッコミが続出している。というのも、春子は絶対に残業をしないキャラで、どんなことがあっても定時になった瞬間に仕事を切り上げて退社してきた。しかし前回の第5話では残業をし、今回も夜遅くまで会社に残っていたため、

《もう定時過ぎてるのでは??笑 何でいるの!!》
《大前さん定時で絶対に帰る設定が最近甘くなってるよね?》
《大前さん、まさかの今日も定時以降も会社にいるwww》
《何で帰ってないんだよ》
《定時退社の春子が何で居るんだよ》
《残業してるじゃねーか》

などといったツッコミの嵐が…。

設定を守り続けるのは、なかなか難しいようだ。

 

【あわせて読みたい】