羽生結弦のモノマネ芸人に“ユヅリスト”再び激怒!「上っ面で商売するな」

(C)Bukharev Oleg / Shutterstock.com

7月26日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)では、フィギュアスケート選手・羽生結弦のファン(通称・ユヅリスト)を激怒させてしまう一幕があったようだ…。

この日、番組ではジャニーズの子会社として設立されることになった『株式会社TOKIO』にまつわるニュースを放送。その中で〝「株式会社TOKIO」設立が他人事じゃない人たちを発見〟というトピックが紹介される。

どうやら『株式会社TOKIOエンタテインメント』という会社がすでに存在しているらしい。同社は北海道札幌市を拠点とし、モノマネショーなどを主催しているそう。代表を務める何ン田研二は「新型コロナウイルス感染拡大で営業が減って」と前置きし、〝新加入の新人モノマネタレントと3人で今後は活動していく〟と近況を語っていた。

ちなみに何ン田が語った新人モノマネタレントとは、羽生のモノマネをする羽生田結弦。番組内でも顔写真が大きく取り上げられたのだが、出演者たちは「ちょっと、ちょっと…」「なんとなく…?」「角度次第だな」などとコメントするのだった。

 

モノマネ芸人に大激怒! お気持ち表明をするユヅリストたち

番組を見ていた熱狂的なユヅリストは、

《羽生くんの名前を入れないで欲しい! ご両親の思いがこもった大切な名前なのに! 羽生くんの事を知りもしないで上っ面だけで商売するのは止めてもらいたい》
《とことん研究して追求してファンからもお見事!と言われるような本物の〝芸〟を見せられないのならお止めいただきたいですね》
《羽生くんのさー生き方・考え方・演技…そんなのもあるからさ。モノマネってのは偽物なんよなー。すこーし似てるだけなら他にもいるし。お呼びじゃねーわ》
《羽生田結弦とかいうモノマネ芸人が出てきたの? 全然似てないですね。どうせなら本当に羽生ファンをうならせるくらいの芸を見せてください。出だしの振りも覚えられず、羽生ファンからそっぽ向かれたら『叩かれてかわいそうな僕芸』はもううんざりですし、二番煎じですよ》

などと羽生田に対して発狂気味。どうしても羽生のモノマネはしてほしくないようだ。

余談ではあるが、かつて〝羽生ゆずれない〟という芸名で活動していたモノマネ芸人も、ユヅリストの逆鱗に触れてしまい大炎上。彼は現在〝あいきけんた〟と改名して活動している。

羽生田のメンタルが折れ、改名に追い込まれなければよいのだが…。

 

【画像】

Bukharev Oleg / Shutterstock.com

【あわせて読みたい】