『24時間テレビ』志村けん特集に呆れ声「予想通りのお涙ちょうだい」

志村けん

(C)まいじつ

来る8月22、23日に放送されるチャリティー番組『24時間テレビ』(日本テレビ系)で、新型コロナウイルス感染症のため今年3月に死去した志村けんさんの物語が放送されることが分かった。いまだ終息を見通せない中でのこの決定に、ネット上では賛否両論が渦巻いている。

同企画は「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」と題し、志村さんの知られざる思いや素顔を、ドキュメント映像とドラマ、そして故人が愛した音楽を通して描くというもの。

ドラマパートの主演は、番組メインパーソナリティーの1人でもある『ジャニーズWEST』重岡大毅が担当。志村さんの冠番組『天才!志村どうぶつ園』(同系)などで、16年にわたり志村さんとともに歩んできたディレクターを演じる。

かねてコロナ禍での生放送に対して懸念する声が続出している中、日本テレビの小杉善信社長は定例会見で同番組の放送について「どんな形でもやる」と宣言。恒例のマラソンを中止にし、会場である両国国技館では無観客にするなど感染防止対策をすると発表している。

 

「出演者からコロナ出たらシャレにならんぞ」

「しかしながら、クラスター発生の危険ははらんだまま。今現在すでにコロナの第二波が来ているようなもので、ドラマ現場はフェイスシールド等着用を義務化し、イベントや舞台は中止にという苦汁の選択をしている。そんな中で取り上げる題材が、よりにもよってコロナで亡くなった志村さんとは…」(芸能ライター)

実際にネット上では、ドラマに期待する声が上がる一方で、

《コロナで亡くなった人のドラマをコロナ禍しかも第二波が起きてるのに撮影。アホじゃね?》
《これは反対だな。まだコロナも終息してないし、お別れの会もしてないし…もう少し喪に服そうよ、と思う》
《思った通り! みんな予想してたよね 志村けんでお涙ちょうだい》
《はやいなぁ 何か商魂たくましいって見えちゃうわ》
《コロナはまだまだ収まる気配すらないのに 早速ドラマ化、ひく》
《これで24時間テレビ出演者からコロナ出たらシャレにならんぞ》
《今年はそんなんいらない ドラマ作ってる状況? そんなとこで感染者出たら志村けん何て思う?》

などと、批判的な意見も多いようだ。

何はともあれ、どうか感染者ゼロで無事に終わってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】