『ヒルナンデス』和牛・川西が“若手モデル”を無視して批判「かわいそう…」

川西賢志郎 

(C)まいじつ 

『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)水曜レギュラーを務めるお笑いコンビ『和牛』の川西賢志郎が、7月29日の放送でMCを担当した。しかし、そのMCさばきに対し、視聴者からは厳しい声が上がっている。

川西は番組冒頭のクイズコーナー「ある世界で大成功! 一体何者!?」からMC席に。この日は、国際大会の常連だという美人アスリート姉妹、7年連続日本一という女性選手が登場し、彼女たちが何の選手かを当てることとなった。

VTRでさまざまなヒントが流れていくと、その後は出演者の回答タイムに突入。一同は回答が浮かび次第タッチパネルに答えを記入し、挙手で川西の指名を求めていく。

最初の回答タイムでは、南原清隆と〝めるる〟こと生見愛瑠の挙手がかぶってしまう場面があり、川西は南原を先に指名。生見の回答は一旦おあずけとなり、南原の回答待ち時間が生じてしまう。

また、川西には答えが書かれたモニターが見えているようで、ゲストの『アインシュタイン』稲田直樹など、挙手の前から先行して正解を発表する場面も。南原と生見の挙手が再びかぶってしまった場面でも、正解している南原を先に処理してから生見の回答をオープンした。

視聴者からは“めるる”に同情の声が…

一見すると何げないくだりだったが、ネット上では、

《めるる手挙げてたし、はいって言ってたのに無視かぁ…》
《手を挙げていたのに、ずっと無視されててとてもかわいそうだった》
《クイズコーナーで挙手して声も上げてるのに、めるるがガン無視されてるの何?》
《めるる違う曜日のメンバーになってほしい 今日のメンバー 何か芸人同士で楽しんでます感あって無理》
《ずっと手挙げてたのに無視されててかわいそうだった…手挙げながら頑張って拍手もしてた…けなげ》
《かわいそう 回すんだったらちゃんと全員見ろよ》
《え、めるるずっと声も上げてたのになぜ無視するの? しまいには時間内に当ててもらえずタイムオーバーって…》

など、生見への同情と川西のMCさばきを批判する声が見受けられた。どうやら、川西が二度も生見を後回しにし、生殺しの時間を与えた点が気になったようだ。

3月に期間限定の水曜レギュラーを卒業し、ゲストとしてカムバックした今回の生見。せっかくの凱旋も、晴れやかな結果とはならなかったようだ。

【あわせて読みたい】