フット岩尾の“カラミにくい芸能人”に衝撃…「生々しい!」

岩尾望

(C)まいじつ

千原ジュニア、小藪一豊、『フットボールアワー』の4名によるYouTubeチャンネル『ジュニア小籔フットのYouTube』が7月25日、新作の動画を公開。岩尾望が明かした〝絡みづらい芸能人〟が「リアル過ぎる」と話題になっている。

メンバー4人は、2011年ごろに放送されたバラエティー番組『ざっくりハイタッチ』(テレビ東京系)にてレギュラーとして共演。今回動画内で挑戦するのは、ちまたで話題のカードゲーム『ごきぶりポーカー』だ。




「ルールは、トランプゲームの『ダウト』とほぼ同じで、ウソを見破れずにカードをためてしまうと負け。今回はこのゲームのアレンジとして、ウソを見破れなかったらそのカードに書いてある〝言いたくない質問〟に回答するというルールに変更。芸能ニュースサイトにウケそうな驚きの回答が続々と上がっていました」(ネットメディア編集者)

その〝言いたくない質問〟のラインアップは、「自分のセールスポイント」「仲良くなりたい芸能人」などという比較的回答しやすい質問から、「あの番組のあの人と代わりたい」「われながらあのコメント芯食ったな~!」などという〝裏話系〟のものまで計6種類。

フット岩尾が絡みづらいのはハイテンション芸人!

事件が起こったのは5ターン目のこと。岩尾は「若干絡みづらい芸能人」を告白することに。ジュニアが「嫌いとかではなく、何となく相性が合わないとか、あの番組の性質上(合わない)とか…」とフォローすると、岩尾は「ザキヤマさんです」と『アンタッチャブル』山崎弘也の名を口にする。

その理由をあくまで〝嫌っているわけでない〟とした上で、「『フット』とザキヤマさんでトーク番組をやってたんですけど、あの人が〝バァー〟っていくから、(自分が)いきたいという気持ちはあるけど『先それいかれたら無理やわ』って。1年半くらい全然うまくいかなかった」と告白した。

それに対し、ジュニアらは「(山崎と岩尾は)体内メトロノームが違い過ぎる」「ライフルとマシンガンの差ってことやな」と共感。この流れに「フット」後藤輝基は思わず「生々しい話!」とツッコミを入れるのだった。

「話題になった番組は、『東京らふストーリー』(テレビ朝日系)。2018年4月から丸1年放送され、あまたのゲストが出演して話題になったものの、いつの間にかひっそり消えていきました」(テレビ雑誌ライター)

ともに売れっ子でありながら、実は〝やりにくさ〟を感じていた岩尾。このような裏話が聞けるのも、YouTubeならではかもしれない。

【あわせて読みたい】