ジャニーズ退所ドミノ…“次”に挙がる『関ジャニ∞』大倉忠義の名前

大倉忠義 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

中居正広、手越祐也、長瀬智也――〝退所ドミノ〟が止まらないジャニーズ事務所。もっぱら、次に辞める人間として今、『関ジャニ∞』大倉忠義の名前が取り沙汰されている。

「関ジャニは既に渋谷すばる、錦戸亮が辞めていますし、錦戸が辞める際に大倉も辞めるという話で持ち切りでした。ただ、大倉はすぐに辞めたいという不満があるわけでもなく、残留。でも、いずれは辞めるだろうと考えられています」(ジャニーズライター)

どうして大倉は辞める可能性があるのか。

「錦戸がそうだったのですが、関ジャニのメンバーは村上信五が中心であることに疑問を持っています。トークは面白いのですが、村上でなければならないというほどでもない。ただの関西ノリです。加えて俳優としての実績もない。ルックスもイマイチ…。やはり中心は不思議なのです」(同・ライター)

ところが、来年の東京五輪では村上がフジテレビの五輪メインキャスターに就くことも決定。

「少なくとも錦戸は村上より俳優としては上だったし、村上より下にいる理由もないという体制が不満でした。大倉は自主的というより、錦戸に同意するような状態でした」(同)

あくまでも“円満”を望んでいる大倉忠義

女性誌にも書かれているが、大倉はこれまで、無謀なファンに閉口。手を引っ張られたりバッグにモノを入れられたり盗られたりなどの暴挙があり、そんな日常にもウンザリで辞めたがっていた面もあるという。

「ファンには種類があり、親衛隊のようにグループを守る代わりにメンバーに会える子たち、あるいは全くそんな特権などない子もいる。後者の方が圧倒的に多いのです。特に大倉は過激なファンに恐怖感を持っており、事務所の対応策に納得していないらしいのです」(女性誌記者)

大倉は有名焼き鳥チェーンの創業社長の長男としても知られる。

「大阪に帰り、これからは父親の関係である地元の芸能プロに所属。大阪を地盤に活動したいという意向のようです。ですから、何がなんでも辞めるというより、責任者である滝沢秀明副社長の許可を得て、円満に辞めたい。しかし、それはあくまで理想の話であって、ジャニーズが優しく送り出すなんてことはあり得ないでしょう」(同・記者)

何はともあれ、大倉の今後に注目だ。

【あわせて読みたい】