米津玄師の新曲にパクリ疑惑!? 話題のCMソングに「一瞬誤認した」

米津玄師 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

神性の演出に定評があるアーティスト・米津玄師の新曲『迷える羊』が、平沢進の『パレード』に似ていると評判だ。

同楽曲は、8月5日にリリースされるアルバム『STRAY SHEEP』の収録曲。8月1日から放映されている『カロリーメイト』の新CMに起用されており、CMには自身も出演している。



一方の「パレード」は、2006年公開のアニメ映画『パプリカ』の劇中歌として、平沢が作詞・作曲・歌唱を務めた楽曲。平沢が持つ神秘的で独特な世界観が詰め込まれ、風刺も散りばめられていると評判の〝深い〟楽曲だ。

そしてこの2曲、音楽のファンの間では近似性が指摘されているようで、CMに対して、

《カロリーメイトのCMの米津玄師の曲、平沢進感ない?》
《平沢進を4倍に希釈したような感じで誰が作ったんだと思ったら、 米津玄師だった…》
《いつもの米津さん節とは違った感じ…ちょっと平沢進の世界観を感じた…》
《平沢進みたいな音が聞こえたので二度見してしまったけど米津玄師だった》
《米津玄師さんの迷える羊、コード展開的に平沢進さん感あってとても好き》
《カロリーメイトのCM初めて見た 一瞬平沢進?って誤認した》

などといった感想が多く上がっているのだ。

米津玄師にとって平沢進は人生を変えたアーティスト

実は米津、過去に「平沢に影響を受けている」と公言したことが。今回、楽曲が似通ったのも、平沢からインスパイアを受けたものではないかといわれている。

「2018年のラジオ番組『SAPPORO BEER OTOAJITO』(J-WAVE)で、米津は〝人生を変えた1曲〟に、平沢の『MOTHER』を挙げています。番組内の米津は、その魅力について『聴いたことのない音楽性ですごく影響を受けた』『本当に聴いたことがないような新しい音楽なんだけども、どこかに懐かしさや郷愁感を感じる』などと熱弁。『Foorin』に楽曲提供した昨年のレコード大賞受賞曲『パプリカ』も、平沢がアニメ映画『パプリカ』の劇中歌やサウンドトラックを手掛けたことからきているといわれています」(音楽誌ライター)

現在、米津に影響を受けている〝アーティストの卵〟は数多く存在しているが、彼らは皆〝平沢の孫弟子〟なのかもしれない。

【あわせて読みたい】