三浦春馬さんの死から立ち直れていない?『乃木坂46』生田絵梨花に心配の声

生田絵梨花 

(C)まいじつ

8月3日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)に、『乃木坂46』が出演。小室哲哉が作曲を手掛ける話題の楽曲『Route 246』を披露したのだが、メンバーの生田絵梨花の暗い印象を受ける表情に、視聴者から心配の声が上がっていた。

同楽曲は小室らしいハイテンポなダンスチューンで、笑顔を振りまきながら歌うような雰囲気ではない。実際にどのメンバーもほとんど笑顔は作っておらず、どちらかというとクールな印象のパフォーマンスをしていた。しかし生田に注目してみると、演出の兼ね合いで〝クールな表情〟を作っているというよりは、生気が抜けてしまったかのような沈痛な面持ち。また表情の暗さだけでなく、全体的に痩せ細ったようにも見える。

照明の当たり方で暗く見えただけかもしれないが、視聴者からは、

《生田さんって前からこんな感じだったっけ?》
《心配になるレベルでガリガリ…。これ大丈夫なの?》
《顔が完全に死んでるし、絶対何かあっただろ》
《以前に比べて表情に力が無いんだよね》
《少しの間だけ休んでほしい! 絶対ライブできるようなコンディションじゃない》

などの指摘が。また現在の生田に心配の声が上がるのは、別の理由もあるという。

三浦春馬さんの死で生田が傷心?

「生田は今年7月に亡くなった三浦春馬さんと、舞台『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド ~汚れなき瞳~』で共演していました。彼女は三浦さんの訃報を受け、自身のインスタグラムで『今はまだ、受け止めきれません』と心境を吐露。三浦さんの存在は生田の中でかなり大きかったようで、出演予定だった『音楽の日2020』(TBS系)も急遽欠席しています」(芸能記者)

生田と三浦さんの関係を知るファンからも、

《まだアイドル業に専念できるようなメンタルじゃないのでは?》
《無理だけは絶対にしないでほしい》
《心の整理をつけてから乃木坂に戻ってきてくれ》

といった応援の声が。実際のところ彼女がどのような心境なのかは分からないが、ファンとしてはとても放っておけない状態なのだろう。

次のステージで生田は明るい表情を見せてくれるのだろうか。今後の活動を見守りたい。

【あわせて読みたい】