『ロンハー』動物虐待ドッキリに怒りの声続出「かわいそうで泣いた」

藤本敏史 

(C)まいじつ 

『FUJIWARA』の藤本敏史が8月4日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。番組に現れた動物に対する扱いが悪いとして、視聴者から批判の声が噴出した。

番組では、藤本や『バイきんぐ』小峠英二らがマネージャーとそれぞれ会議する模様を隠しカメラを設置して撮影。バラエティー番組出演時のNG事項や、共演NGの人物などを聞き出した。

小峠は「ヘビにかまれるのはNG」と告白。そこで番組は苦手を克服させようと白い箱を用意し、丸い穴から箱に手を突っ込ませた。中にはヘビと似た大きさのホースが。小峠はホースを触るなり、ヘビと勘違いして飛び上がり、怯えた表情に。ホースと知って安堵していたところに、『ロンドンブーツ1号2号』田村淳は「ちゃんと(ヘビがNGという)ルールを守った」と声をかけた。

箱の中にヘビ入れ「物当てゲーム」

会議で「ビビりだ」と告白していた藤本にも同じゲームを試すことに。ボックスの中にはホースに代え、本物のヘビを入れた。ヘビに触れた藤本は大声を上げてのけぞり、再び箱に手を入れると、ヘビとはわからずも気持ちの悪い物体だと感じたようで「何これー!」と悶絶。そしてヘビをわしづかみにしながら、恐る恐る箱から取り出す。実際にヘビの姿を見ると、叫び声を上げながら数メートル後方に逃げた。

視聴者は小峠、藤本のリアクションを見て大喜びしていたものの、藤本のヘビの扱いを批判する声も。また、ヘビが脱皮中だったとの指摘もある。

《ヘビ飼ったことある人はああいうの見て笑える人少ないと思う 普通に不快》
《ロンハー、ヘビさん目白濁してなかった?もしそうなら脱皮前のヘビさんはそっとしてほしい…じゃないにしてもあんなにぐいぐい掴ませないでくれ》
《ロンハー観てたけど、ヘビがかわいそうで泣いてしまった》
《ロンハーで箱の中身のヘビちゃん目ぇ真っ白なんだけどさぁ 脱皮直前で気怠そうにしてるから扱いやすいんだろうけどデリケートな時期の個体おもちゃにすんのなぁ》
《いい加減ヘビをバラエティで消費するのやめてほしいわ あんな大声出して手を上からかざされても威嚇もしないくらい大人しいし臆病なんだよ》

ドッキリに動物を使うのは、時代遅れになっていきそうだ。

【あわせて読みたい】