『家事ヤロウ』松本まりかがエロ過ぎると話題に「地上波じゃダメなレベル」

松本まりか

(C)まいじつ

8月5日放送の『家事ヤロウ!!!』(テレビ朝日系)に、女優の松本まりかが出演。相変わらず大人の色気が全開で、男性の視聴者からは興奮気味の声が相次いでいた。

この日の番組では、芸能人の自宅にカメラを設置して〝のぞき見〟する企画『リアル家事24時』を放送。松本もその中の一人として、清潔感のある広めのキッチンに姿を現した。長い髪は後ろでまとめられており、色白の綺麗なうなじがちらり。最初は「すごい…カメラがいっぱい」と驚いたような様子を見せていたが、カメラにどアップの距離まで接近するなど、サービス満点で料理を始めている。

まず最初に松本が作ったのは、「ネギと明太子のオイル和え」。ネギや明太子とアマニオイルを混ぜ合わせた簡単な料理で、彼女は「美味しい美味しい明太子おつまみ」と紹介していた。その他アボカドオイルなどを使った、「5種類のオイル入り野菜炒め」なども調理。こだわりのオイルを使いこなしながら、合計4品の料理を作り上げることに。

食材の紹介がいちいちエロい?

料理の腕前もさることながら、注目すべきは食材を紹介する時のしぐさ。例えばナスを紹介する時は、両手でナスを持ちながら「でっかいナス…」と微笑んでいた。また明太子の場合は、消え入りそうなか細い声で「明太子…」とぽつり。

明らかに狙っているであろう食材紹介に、視聴者からは、

《あざといけど可愛い!》
《ただ料理を作ってるだけなのに、めちゃくちゃ性的な目で見ちゃう》
《地上波で放送しちゃダメなレベルのエロさ》
《エロスがあふれ出てるな》
《ひたすら松本まりかがエロいだけの放送》

と絶賛の声が上がっていた。

「松本といえば、インスタグラムのライブ配信でも〝あざと可愛い〟姿を見せて話題に。今回のようなオフショット風の撮影は、彼女の得意分野だと言えるでしょう。一方で女性視聴者の中には、《あざとすぎて無理》という人も。確かに万人受けするキャラクターとは言い難いですが、松本の〝突き抜けたあざとさ〟は立派な武器だと思います」(芸能記者)

田中みな実やかつての小倉優子のように、今後もあざといキャラを貫き通してもらいたい。

【あわせて読みたい】