『ナギサさん』感動ブチ壊し!“リアル過ぎる毒親”に「見ててキツイ…」

私の家政夫ナギサさん 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

8月4日、多部未華子主演ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)の第5話が放送された。この回は感動的な展開を演出していたが、視聴者からはツッコミが続出。冷めた声も上がってしまったようだ。

同作は、仕事はできるものの家事と恋は不器用な28歳の独身女性・相原メイ(多部)が主人公。ある日、妹の福田唯(趣里)が、誕生日プレゼントとしておじさんスーパー家政夫・鴫野ナギサ(大森南朋)を雇ってきたことから、メイとナギサの奇妙な関係が始まっていくハートフルラブコメディーだ。

第5話では、メイの父・茂(光石研)の還暦パーティーを手料理で祝うことに。しかし母の美登里(草刈民代)もメイも料理ができないため、ナギサさんに頼むことにした。そしてこのパーティーでメイは、絶縁状態になっている唯と美登里を仲直りさせようともくろむ。

パーティー当日、唯はナギサさんの助手として、マスクとサングラスで顔を隠しながら実家へ。パーティーでは、家族の思い出の料理や写真を見ながら、感動的な空気が流れていく。そして終盤、何と美登里は唯の正体が分かっていたことを明かした。唯は涙ながらにマスクとサングラスを外し、2人は約3年ぶりに対面を果たした。

ここで2人の溝が埋まったことを感じた茂は、唯に夫と娘を呼ぶよう求める。そして初めて対面した唯の夫に対して、同居を持ち掛けるのだった。

「趣里はホンモノのお父さん水谷豊の骨格してる」

疎遠になっていた家族の雪解けに、視聴者からは感動の声が上がっている。しかし一方では冷めた声も。唯は家出をした後、母に歩み寄ろうと結婚式の招待をしたが、無視された過去がある。この点について美登里は謝罪しておらず、まずは先に唯が謝るべきという姿勢なのだ。これには、

《結婚式無視したおばさんに孫会わせてやる必要ない》
《結婚式の招待を無視されたら一生ものの禍根だと思うけど…》
《うっざ、結婚式に歩み寄りたかった娘の気持ち無視したくせに》
《母親が毒親で見ててキツイ。子供に謝れって言う親ってクソだわ》
《どうしてもお母さんの毒親感が苦手》

などといった批判の声が続出。また、唯の夫にいきなり同居を持ち掛けた茂にも、

《うわぁ、毒父》
《え。。!!!!!!嫌だ~~!!》
《この義母と同居はきついわ~》
《同居の話で一気にシラケた》

など、ドン引きの声が寄せられた。

この回は過去最高の14.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録したのだが、

《それにしても趣里はホンモノのお父さん水谷豊の骨格してるな》

そんな感想も上がっていたところを見ると、モヤモヤした視聴者が随分と多かったようだ。

【あわせて読みたい】